ヴェラ・ヨルダノーヴァ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
ヴェラ・ヨルダノーヴァ
Вера Йорданова
Vera Jordanova
生誕Вера Йорданова
(1975-08-28) 1975年8月28日(45歳)
フィンランド, ヘルシンキ
職業モデル女優
公式サイトverajordanova.com
モデル情報
身長178 cm (5 ft 10 in)[1]
髪の色茶色
眼の色
事務所ニューヨーク市 MC2
パリ IMG
ロサンゼルス Special Artists Agency

ヴェラ・ヨルダノーヴァ ( ブルガリア語: Вера Йорданова, 1975年8月28日 - ) は、フィンランド生まれのモデル女優

生い立ち[編集]

1975年フィンランドの首都・ヘルシンキにて、ブルガリア人の音楽家の子供として生まれた。一家は北欧諸国を旅しながら一緒の時を過ごした。一家は最終的にブルガリアに落ち着き、ヴェラは同地で7年間過ごした。14歳の時、政治情勢のため、一家はヴェラの生まれ故郷であるフィンランドに戻る[2][3]。ヴェラはヘルシンキにある外国語教育に特化した学校で、複数の外国語を学んだ。

活動[編集]

フィンランドで外国語を学んだのち、モデル事務所『Paparazzi』の目に留まり、スカウトされたヴェラは、モデルとして複数の雑誌の表紙に登場し始める。その後、フィンランド国外でのモデルの仕事の機会が増え、フランスの写真家、ジル・ベンシモンフランス語版による協力のもと、大手化粧品会社『クラランス』( Clarins )、フェリーナ・ランジェリー( Felina Lingerie )、バカルディ・ライム( Bacardi Lime )が発売する商品にも登場した[4]。ミラノ、パリ、ハンブルク、ケープタウン、ニューヨーク、ロサンゼルスにて、モデルの仕事を10年以上続けた[2]2006年には、雑誌『マクシム』( Maxim )のカレンダーや『FHM[5]に、2007年6月には、『エスクァイア』( Esquire )のチェコ語版にも登場し、その美しい姿態を披露した(いずれも男性向け雑誌)。

この頃には、女優業にも携わるようになり、『Isänmaan Toivot』(フィンランド語:『祖国へ向けられた希望』)を初めとするテレビシリーズ作品に出演している[6]イーライ・ロスが監督したスプラッター映画ホステル2』(2007年)にも出演した。この映画で、ヴェラはアメリカ合衆国から東ヨーロッパへ観光にやって来た女性の主人公ら3人を、拷問と殺人の愛好家たちが集う建物にいざなう女、アクセルを演じた[7]

2014年、ヴェラは『Don't Miss a Bite: Stories and Flavors from around the World』と題した料理本をフィンランドで出版した。これは100の料理のレシピ、自身の短い自叙伝的な記述、ヴェラ本人による素描と写真が掲載されている[2]

私生活[編集]

2013年、コロンビア人のフェデリーコ・ルイ( Federico Ruiz )と婚約し[8]2016年に結婚した。

語学力[編集]

ヴェラ本人によれば、英語フィンランド語ブルガリア語を話し、ロシア語がある程度分かり、スペイン語は簡単な会話なら可能。フランス語も分かるが、話すのは無理だという[9]

出演作品[編集]

映画[編集]

作品名
1993 Harjunpää ja kiusantekijät モデルとして出演
2007 ホステル2 アクセル・ラスィモフ

テレビ[編集]

作品名
1994 Venla Gaala 1993 本人
1998–1999 Tähtitehdas ミンッキ・カルヴォネン( Minkki Karvonen )
1998 Maailman pisin talk show 本人
1999–2001 Joonas Hytönen show 本人 (2 episodes)
2000 Isänmaan toivot ヴェッルの恋人 (1 episode)
2006 Blow Out 本人 (1 episode)
2007 Up Close with Carrie Keagan 本人 (1 episode)
2014 Puoli Seitsemän 本人 (1 episode)

ミュージック・ビデオ[編集]

曲名 歌手名
2006 Colorful ロッコ・デルーカ英語版 モデル及びダンサーとして出演

著書[編集]

  • Don't Miss a Bite: Stories and Flavors from around the World. Helsinki: WSOY. (2014). ISBN 978-9-5104-0643-4 

脚注[編集]

  1. ^ https://www.filmbug.com/db/346262/height
  2. ^ a b c About”. Vera Jordanova. 2015年6月21日閲覧。
  3. ^ "Красивата България": Вера Йорданова”. Nova (2014年4月1日). 2020年2月4日閲覧。
  4. ^ Vera Jordanova”. 2015年4月3日時点のオリジナルよりアーカイブ。2015年1月31日閲覧。
  5. ^ VERA JORDANOVA”. fashionmodeldirectory.com. 2020年2月4日閲覧。
  6. ^ Vera Jordanova”. Internet Movie Database. 2020年2月4日閲覧。
  7. ^ Hostel: Part II (2007)”. Internet Movie Database. 2020年2月4日閲覧。
  8. ^ LINDA MÄKI-KALA KUVA JOUNI HARALA (2013年10月3日). “Vera Jordanova kihlautui: "Ennen ajattelin, etten ikinä halua naimisiin"About”. menaiset. 2016年1月26日時点のオリジナルよりアーカイブ。2021年2月24日閲覧。
  9. ^ verajordanovaの2012年2月22日午前6時33分のツイート2020年2月4日閲覧。

外部リンク[編集]