ヴェッダ人

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ヴェッダ人
Vedda Chief Uruwarige Wannila Aththo.jpg
首長Uruwarige Wannila Aththo
総人口

2,500人(2002年),[1] 沿岸部 8,000人(1983年), アヌラーダプラ 6,000人(1978年)

居住地域
スリランカの旗 スリランカ       2,500人(2002年)
バドゥッラ県
ポロンナルワ県
言語
ヴェッダ語英語版死語, シンハラ語, タミル語
宗教
アニミズム, 仏教, ヒンドゥー教徒
関連する民族

シンハラ人, タミル人

弓と矢を持ったヴェッダ(1890年)

ヴェッダ人 (シンハラ語: වැද්දා - [ˈvædːaː], タミル語: வேடுவர், 英語: Vedda) は、スリランカの山間部で生活している狩猟採集民正確にはウェッダーと発音するが、侮蔑語である。[要出典]自称はワンニヤレット (Wanniyalaeto, Wanniyala-Aretto)で「森の民」の意味である。

概要[編集]

人種的にはオーストラロイドヴェッドイドなどと言われている。身体的特徴としては目が窪んでおり彫りが深く、肌が黒く低身長であり広く高い鼻を持つ。 記録は、ロバート・ノックス英語版『セイロン島誌』(平凡社、1994。原題:Knox,Robert.,An Hiatorical Relation of the Island Celylon in the East Indies,1681)に遡る。人口は1946年当時2347人で、バッティカロアバドゥッラアヌラーダプララトゥナプラに居住していたという記録が残る。1963年の統計で400人と記録されて以後、正式な人口は不明で、シンハラ人との同化が進んだと見られる。

歴史[編集]

民族誌としてはSeligman,C.G. and Seligman,B.Z.,The Veddas,Cambridge: Cambridge University Press,1911、があり、ウェッダー像の原型が形造られた。現在の実態については確実な情報は少ない。 伝説の中ではヴェッダはさまざまに語られ、儀礼にも登場する。南部の聖地カタラガマ英語版の起源伝承では、南インドから来たムルガン神が、ヴェッダに育てられたワッリ・アンマと「七つ峯」で出会って結ばれて結婚したとされる。ムルガン神はヒンドゥー教徒タミル人の守護神であったが、シンハラ人からはスカンダ・クマーラと同じとみなされるようになり、カタラガマ神と呼ばれて人気がある。カタラガマはイスラーム教徒の信仰も集めており、民族や宗教を越える聖地になっている。8月の大祭には多くの法悦の行者が聖地を訪れて火渡りや串刺しの自己供犠によって願ほどきを行う。

一方、サバラガムワ州にそびえるスリー・パーダは、山頂に聖なる足跡(パーダ)があることで知られる聖地で、仏教、ヒンドゥー教、イスラーム教キリスト教の共通の巡礼地で、アダムスピークとも呼ばれるが、元々はヴェッダの守護神である山の神のサマン英語版 (シンハラ語: සුමන සමන් ‍දෙවි, 英語: Saman) を祀る山であったと推定されている。古い神像は白象に乗り弓矢を持つ姿で表されている。サバラガムワは「狩猟民」の「土地」の意味であった。古代の歴史書『マハーワンサ』によれば、初代の王によって追放された土地の女夜叉のクエーニイとの間に生まれた子供たちが、スリーパーダの山麓に住んだというプリンダー族の話が語られている。その子孫がヴェッダではないかという。

また、東部のマヒヤンガナ英語版は現在でもヴェッダの居住地であるが、山の神のサマン神を祀るデーワーレ(神殿)があり、毎年の大祭にはウエッダが行列の先頭を歩く。伝承や儀礼の根底にある山岳信仰が狩猟民ヴェッダの基層文化である可能性は高い。 なお、民族文化のなかで、一切の楽器をもたない稀少な例に属する[2]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ Ethnologue report for language code: ved
  2. ^ 国立民族学博物館「諸民族の楽器」『国立民族学博物館 展示案内』(1986)p.84

 

参考文献[編集]

  • 国立民族学博物館編集『国立民族学博物館 展示案内』千里文化財団、1986年7月。ISBN 4-06-202323-7
  • 鈴木正崇「ウェッダーースリランカの先住民の実態と伝承ー」金基淑(編)『南アジア』[講座 世界の先住民族ーファースト・ピープルズの現在 3]、明石書店、2008年。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]