ヴィルヘルム・フィーエトル

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

ヴィルヘルム・フィーエトル: Wilhelm Viëtor1850年12月25日 - 1918年9月22日)は、ドイツ言語教育者、音声学者外国語教育改革運動の中心人物。言語教育は音声を主とすべきであると主張した。また、そのために音声学の研究も行った。フィーエトルらの新しい教育法は直接教授法と呼ばれた。

生涯[編集]

(主に外部リンクのウォーリック大学のページによる)

フィーエトルはプロテスタント牧師の子としてナッサウに生まれ、はじめは神学を学んだ。1872年から翌年にかけてイギリスで短期間ドイツ語を教えたあと、1874年にマールブルク大学に入学して英語を学んだ。1876年からデュッセルドルフで英語とフランス語を教えつつ、言語教育に関する論文を書いた。当時の言語教育は古典文学の読解や、例文の翻訳による方法(de:Grammatik-Übersetzungsmethode)が主だったが、フィーエトルは文字ではなく口による話し言葉の教育の重要性を訴えた。

1882年に「Quousque Tandem」[1]の偽名で言語教育の刷新を訴えた小冊子『Der Sprachunterricht muss umkehren!』は従来の教育を激しい言葉で批判して、大きな反響を呼んだ。フィーエトルの教育方法は後に直接教授法英語版と呼ばれるようになった。

イギリスのヘンリー・スウィート、フランスのポール・パシー、デンマークのオットー・イェスペルセンらがフィーエトルの主張に賛同した。

当時のドイツは比較言語学の最盛期であり、言語学は歴史的研究を主にしていた。現代の口語を中心とするフィーエトルはその正反対の方向へ進むものだった[2]

1884年にマールブルク大学の英語文献学の教授になった。同年出版した音声学の概説書『Elemente der Phonetik』は学問的にも優れた著作で、多くの版を重ねた。ドイツ語の発音をまとめた実用的な『Die Aussprache des Schriftdeutschen』も1925年までに11版を重ねた。

1886年にパシーが新しい言語教育のための「Phonetic Teachers' Association」(後に国際音声学会に発展)を作ると、初期から参加し、1888年にはパシーにかわって会長になった。1917年までその職にあった[3]

同年、「Phonetische Studien」という音声学の雑誌を創刊した。1894年にはより有名な「Die neuen Sprachen」を発行した[4]

フィーエトルは教育者育成のための夏季講座をマールブルク大学内に開いた。

著作[編集]

英語教育用の文法書。ヘンリー・スウィートの影響を受け、音声学を教育の基礎においた点で革新的だった。
教育改革の口火を切った冊子。第二版では本当の著者名が書いてある。
音声学概説。
ドイツ語の発音。簡単な発音辞典と例文集つき(第6版)
ドイツ語発音辞典(第3版)。Collins & Mees (1998) p.123 によると、ダニエル・ジョーンズの英語発音辞典はこの本の影響を受けたかも知れないという。

脚注[編集]

  1. ^ キケローによるカティリナ弾劾演説の最初の言葉より。
  2. ^ Collins & Mees (1998) p.475
  3. ^ History of IPA”. The International Phonetic Association. 2014年11月14日閲覧。
  4. ^ Colliin & Mees (1998) p.474

参考文献[編集]

  • Collins, Beverley; Mees, Inger M. (1998). The Real Professor Higgins: The Life and Career of Daniel Jones. Mouton de Gruyter. ISBN 3110151243. 

外部リンク[編集]