ヴィルヘルム・カンプハウゼン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
ヴィルヘルム・カンプハウゼン

ヴィルヘルム・カンプハウゼン(Wilhelm Camphausen、1818年2月8日 - 1885年6月18日)はドイツの画家である。戦場の場面など軍事を題材にした絵画を描いた。デュッセルドルフ美術アカデミーの教授を務め、教えた学生には同じ様に戦争画を描いた、エミール・ヒュンテンゲオルク・ブライプトロイ、風俗画家のアドルフ・フォン・メンツェルらがいる[1]

略歴[編集]

デュッセルドルフで生まれた。歴史画家のアルフレート・レーテルに学んだ後、1834年にデュッセルドルフ美術アカデミーに入学し、カール・フェルディナンド・ゾーンに学んだ。軍に召集され騎兵隊に配属された経験から、生涯、戦争画や軍事を題材にすることになった。フリードリッヒ・ヴィルヘルム・シャドウのクラスで学んだ後、1850年に詳細な描写で戦場を題材にした絵画を描いた。同時代の王族や歴史上の人物の乗馬した人物画でも知られた。1859年に美術アカデミーの教授に任じられた。

1844年にデュッセルドルフの画家、ルドルフ・ヨルダンハンス・ギューデらと、美術団体を作り[2]、この団体は1848年に設立されたデュッセルドルフ芸術家協会、「マルカステン」のもととなった。「マルカステン」にも所属した[3]

1870年からの普仏戦争には従軍画家を務めた。

作品[編集]

脚注[編集]

  1. ^ Alwin Schultz: Kunst und Kunstgeschichte: Malerei und verviefältigende Künste, S. 109, 1890.
  2. ^ Bettina Baumgärtel: Die Düsseldorfer Malerschule und ihre internationale Ausstrahlung. In: Bettina Baumgärtel (Hrsg.): Die Düsseldorfer Malerschule und ihre internationale Ausstrahlung 1819−1918. Michael Imhof Verlag, Petersberg 2011, ISBN 978-3-86568-702-9, Band 1, S. 31
  3. ^ Bestandsliste, Webseite im Portal malkasten.org, abgerufen am 23. April 2017

参考文献[編集]

  • Camphausen, Wilhelm. In: Friedrich von Boetticher: Malerwerke des neunzehnten Jahrhunderts. Beitrag zur Kunstgeschichte. Band 1, Dresden 1891, S. 154 ff.
  • Eduard Daelen: Camphausen, Wilhelm. In: Allgemeine Deutsche Biographie (ADB). Band 47, Duncker & Humblot, Leipzig 1903, S. 431–433.
  • Hans Vollmer: Camphausen, Wilhelm. In: Ulrich Thieme (Hrsg.): Allgemeines Lexikon der Bildenden * Künstler von der Antike bis zur Gegenwart. Begründet von Ulrich Thieme und Felix Becker. Band 5: Brewer–Carlingen. E. A. Seemann, Leipzig 1911, S. 464