アルス島

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

座標: 北緯55度58分0秒 東経9度54分0秒 / 北緯55.96667度 東経9.90000度 / 55.96667; 9.90000

アルス島の位置

アルス島Als, ドイツ語:Alsen)は、バルト海に浮かぶデンマーク領の島。アルス・スンド海峡を挟んでユラン半島の東にあり、ドイツ領のシュレースヴィヒ北岸にある。島の面積は321平方キロメートルで、総人口はおよそ60,000人。行政面ではセナーボー基礎自治体に属する。

概要[編集]

島の北と東は小ベルト海峡があり、南にはフレンスボー・フィヨルド、西にアルス・フィヨルドとアルス・スンド海峡がある。

セナーボー市が基礎自治体の中心地である。商業に適した良港があり、2つの橋がユトランド半島と島との間に架かっている。一つは1981年完成の全長682メートルのアルス海峡橋、もう一つは1930年に完成した鉄道橋でもある全長331メートルのクリスチャン10世橋である。フェリーも運航している。

アルス島は肥沃な土地であり、養豚業が盛んである。島はかつて果樹園で知られており、一部は今もある。島西岸はアウグステンボー・フィヨルドなど多くの湾と入り江がある。

歴史[編集]

多くの考古学的発見から、島には後期鉄器時代から人が居住していたことがわかっている。

中世には、島は多くの貴族たちの影響下に置かれ、その誰もが島と島民を支配した。デンマーク王クリスチャン3世の息子ヨーハンは公国として島を所有し、他の貴族らから権利を買い上げた。島はのちに再度小さな公国に分割されたが、この試みはたちまち失敗した。

初代アウグステンボー公エルンスト・ギュンター1世(1609年 - 1689年)
初代アウグステンボー公爵夫人アウグスタ(1633年 - 1701年)

アウグステンボーの町は、オルデンブルク家の分家にあたるスレースヴィ=ホルステン=セナーボー公家の一員であるエルンスト・ギュンターによって1651年より後に、アウグステンボー宮殿の周囲につくられた。エルンスト・ギュンターはクリスチャン3世の曾孫にあたり、領地を持たない次男以下の出であった。宮殿と、必然的に町は、エルンストの妻アウグスタを記念した名前アウグステンボーとなった。アウグスタは夫エルンストと同族の出であった。

宮殿は、エルンスト・ギュンターの子孫が主に暮らす場所となり、やがては宮殿の名前が家名となった。18世紀後半までアウグステンボー家とデンマーク王家は同族としてゆるぎなく代々続き、アウグステンボー家が島の支配者となった。

公国は、宮殿に暮らした最後のアウグステンボー公クリスチャン・アウグスト2世が親ドイツ派にまわったために、デンマーク王家によってその座を追われた。彼は1848年3月18日に島を離れた。

シュレースヴィヒ=ホルシュタイン戦争と同時期、デンマーク軍はフリードリヒ・フォン・ウランゲル指揮のオーストリアプロイセン連合軍に対してアルス島南西で正面衝突した。1864年にはアルス島の戦いが起こった。

1870年、アルス島はドイツ帝国によって要塞化された

島の支配者がドイツとなっても、島民の大半はデンマーク人だった。1920年、アルス島は国民投票によってデンマークへ復帰した。

1920年以後、アルスは急成長する産業で注目を集めた。1945年以後は特にダンフォスen:Danfoss)が国際企業に成長した。

なお、アウグステンボー家の直系は20世紀に入って断絶した。

名所[編集]

セナーボー港

アウグステンボー宮殿[編集]

アウグステンボー宮殿は現在病院として使用されている。城、町、公国の歴史についての展示は建物入り口付近にある。城内教会は夏期に一般公開される。

セナーボー[編集]

セナーボーの町にはセナーボー城とサンビヤウ荘園がある。セナーボー城は町中心にあり、地域の歴史と文化に的を絞った博物館となっている。博物館は年中無休である。サンビヤウ荘園は長くセナーボー公家の所有で、その後レーヴェントロー家のものとなったが、1954年にオーフス大学に寄付された。