ヴィネガー・ジョー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
ヴィネガー・ジョー
Vinegar Joe
出身地 イングランドの旗 イングランド ロンドン
ジャンル リズム・アンド・ブルース
活動期間 1971年 - 1974年
レーベル アイランド・レコード
共同作業者 Dada
旧メンバー エルキー・ブルックス
ピート・ゲージ
ロバート・パーマー
スティーヴ・ヨーク
デイヴ・トンプソン
コンラッド・イシドア
ロブ・テイト
ジョン・ホウケン
ジョン・ウッズ
マイク・ディーコン
キーフ・ハートリー
ジム・ミューレン
ピート・ギャヴィン
アラン・パウエル

ヴィネガー・ジョーVinegar Joe)は、1971年にロンドンで結成されたイングランドのR&Bバンド。アイランド・レコードから3枚のアルバムをリリースしたが、そのライブと、エルキー・ブルックスロバート・パーマーのソロ・キャリアの立ち上げとなったことで最もよく知られている[1]

略歴[編集]

ヴィネガー・ジョーは、スタックスの影響を受けた12ピースのジャズブルースロック[2]のフュージョン・バンドであるDadaから発展した。Dadaは1970年に1枚の同名アルバムをリリースし、ボーカリストのエルキー・ブルックスやギタリストのピート・ゲージがラインナップされていた[3]。アルバムが録音された後、かつてアラン・ボウン・セットに在籍していたシンガーのロバート・パーマーがDadaに加わった。Dadaはアーメット・アーティガンによってアトランティック・レコードと契約を交わした。アメリカ・ツアーの後、アーメットは彼らをイギリスおよびその他の国々においてアイランド・レコードクリス・ブラックウェルにサブライセンスした。1971年にヴィネガー・ジョーを結成するためにラインナップを減らした上で、キーボード・プレーヤーのデイヴ・トンプソンを追加したが、バンドはまだドラマー不在だった。フィル・コリンズはその仕事にありつけなかった[4]。コンラッド・イシドア[5]とロブ・テイトがファースト・アルバムでドラムを叩いている。ティム・ヒンクリーがデイヴ・トンプソンと一緒にキーボードを追加し、ファースト・アルバムの表紙に登場したのはヒンクリーであった。彼らのデビューLP『ヴィネガー・ジョー』は、1972年4月にイギリスのアイランド・レコードとアメリカのアトコ・レコードからリリースされた[3][6]。アルバム・カバーには、ジョン・パドリーによって作成されたバンド・メンバーの塑像用粘土モデルが使われている[7]

ティム・ヒンクリーはキーボードをトンプソンから引き継ぎ、ジョン・ホウケンに引き継がれた。ドラマーのロブ・テイトが最初の一連のライブで演奏し、ジョン・ウッズに引き継がれた。さらにマイク・ディーコンがキーボードを引き継いだ。同じく1972年にリリースされた彼らのセカンド・アルバム『ロックン・ロール・ジプシーズ』のレコーディング中に、キーフ・ハートリーがドラムを演奏した。ギタリストのジム・ミューレンもこのレコードにてバンドに参加し、アメリカ・ツアーにも参加した。アルバムのアートワークはヒプノシスによって提供された[8]。ドラマーのピート・ギャヴィンは、1973年にリリースされた3枚目と最終アルバム『シックス・スター・ジェネラル』のアメリカ・ツアーとレコーディングの前からバンドに参加した。バンドは1974年の春に解散。アラン・パウエルがバンドの最後の週にドラムを演奏した。

その後、ブルックスとパーマーはソロ・ミュージシャンとして成功を収めた。ゲージは音楽プロデューサー兼アレンジャーになり、妻のブルックスと離婚するまで、ジョーン・アーマトレーディングなどのさまざまなミュージシャンと協力し、レストレスやキング・カートなどを含むその後のロカビリーやパンク・バンドを専門としている。

メンバー[編集]

  • エルキー・ブルックス (Elkie Brooks) - ボーカル (1971年–1974年)
  • ピート・ゲージ (Pete Gage) - ギター (1971年–1974年)
  • ロバート・パーマー (Robert Palmer) - ボーカル (1971年–1974年)
  • スティーヴ・ヨーク (Steve York) - ベース (1971年–1974年)
  • デイヴ・トンプソン (Dave Thompson) - キーボード (1971年–1972年)
  • コンラッド・イシドア (Conrad Isidore) - ドラム (1971年–1972年)
  • ロブ・テイト (Rob Tait) - ドラム (1971年–1972年)
  • ジョン・ホウケン (John Hawken) - キーボード (1972年)
  • ジョン・ウッズ (John Woods) - ドラム (1972年)
  • マイク・ディーコン (Mike Deacon) - キーボード (1972年–1974年)
  • キーフ・ハートリー (Keef Hartley) - ドラム (1972年–1973年)
  • ジム・ミューレン (Jim Mullen) - ギター (1972年–1974年)
  • ピート・ギャヴィン (Pete Gavin) - ドラム (1973年–1974年)
  • アラン・パウエル (Alan Powell) - ドラム (1974年)
アディショナル・ミュージシャン
  • デイヴ・ブルックス (Dave Brooks) – テナー・サックス
  • ティム・ヒンクリー (Tim Hinkley) – キーボード
  • ニック・サウス (Nick South) – ベース
  • ガスパー・ロウォール (Gasper Lawall) – パーカッション

ディスコグラフィ[編集]

アルバム[編集]

  • Dada (1970年、Atco) ※Dada名義(プレ・ヴィネガー・ジョー)
  • 『ヴィネガー・ジョー』 - Vinegar Joe (1972年、Island)
  • 『ロックン・ロール・ジプシーズ』 - Rock'n Roll Gypsies (1972年、Island)
  • 『シックス・スター・ジェネラル』 - Six Star General (1973年、Island)

コンピレーション・アルバム[編集]

  • 『シックス・スター・ジプシーズ』 - Six Star Gypsies (1994年)
  • Speed Queen of Ventura: An Introduction to Vinegar Joe (2003年)

脚注[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ Bruce Eder. “Vinegar Joe | Biography & History”. AllMusic. 2017年3月23日閲覧。
  2. ^ Elkie Brooks - Biography & History - AllMusic”. AllMusic. 2020年11月1日閲覧。
  3. ^ a b Tobler, John (1992). NME Rock 'N' Roll Years (1st ed.). London: Reed International Books Ltd. p. 237. CN 5585 
  4. ^ Phil Collins. Not Dead Yet. London, England: Century Books. p. 62. ISBN 978-1-780-89513-0. https://archive.org/details/notdeadyetautobi0000coll/page/62 
  5. ^ Conrad Isadore (Isidore) at AllMusic
  6. ^ Vinegar Joe Discography”. discogs. 2017年3月23日閲覧。
  7. ^ Vinegar Joe Models 1971 Pictures”. Getty Images (1971年9月1日). 2017年3月23日閲覧。
  8. ^ Rock 'n Roll Gypsies – album 1972”. Hipgnosiscovers.com. 2017年3月23日閲覧。

外部リンク[編集]