ヴァレリー・レオンティエフ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
Valery Leontiev
Valery-Leontiev1.jpg
基本情報
出生名 Valery Yakovlevich Leontiev
生誕 (1949-03-19) 1949年3月19日(69歳)
出身地 Ust-Usa
ジャンル ポップ・ミュージック, ロック (音楽), ダンス・ミュージック.
職業 歌手, 俳優
活動期間 1972–現在
公式サイト www.leontiev.ru

ヴァレリー・ヤコヴレヴィッチ・レオンティエフ(Valery Yakovlevich Leontiev、ロシア語: Валерий Яковлевич Леонтьев1949年3月19日-)は、ロシア・ソビエト連邦社会主義共和国コミ共和国Ust-Usa出身の1990年代初頭に人気があった歌手である。1996年3月9日にロシア人民芸術家栄誉称号を得た。ロシアの音楽において最も偉大な人物の1人として知られる。数10年に渡るキャリアにおいて、30枚以上のアルバムを製作し、その多くが100万枚以上の売り上げを記録した。

生い立ち[編集]

歌手として有名になる以前、彼は過酷な子供時代を経験し、両親との確執もあった。彼の元々の夢は海洋学者であったが、不幸なことに大学の入学試験に落第してしまった。そこで彼はSyktyvkarに進学し、歌手を目指した。有名になる前、彼はEchoと呼ばれる交響楽団に所属していた。

彼はサンクトペテルブルクのOktyabrskiy Big Concert Hall等、歴史的な名所で歌うことを始めた。ゴーキー交響楽団に加わるようになると、急に売れ出した。大衆が彼のスタイルと歌唱を認識し始めて彼の音楽に夢中になり、レオンティエフはスターダムを駆け上がった。この時以来、彼は国中、次いでヨーロッパ中、世界中をツアーで回るようになった。1987年に彼はInstitute of Cultureを卒業し、Merited Artist of Ukraineの称号も獲得した。世界の音楽賞を多数受賞し、世界でも有名になった。

Time誌は1981年のエレバンでのコンサートで、彼のパフォーマンスについて「ミック・ジャガーミハイル・バリシニコフの中間のようだ」と論評している[1]

ディスコグラフィ[編集]

アルバム[編集]

  • 1983年 "Muse"
  • 1984年 "Dialogue".
  • 1984年 "Premiere"
  • 1986年 "Disco club 16 B"
  • 1986年 "Velvet season"
  • 1987年 ≪Valeri LEONTJEV≫
  • 1988年 "I am - just a singer"
  • 1990年 "A matter of taste"
  • 1990年 "Wicked Way"
  • 1993年 "Night "
  • 1993年 "Last night"
  • 1993年 "Full Moon"
  • 1994年 "Touch"
  • 1994年 "At the gate of the Lord"
  • 1995年 "On the road to Hollywood"
  • 1997年 "Santa Barbara"
  • 1999年 "rope-dancer"
  • 1999年 "Everyone wants to love"
  • 2001年 "Augustine"
  • 2003年 "Maple Leaf"
  • 2004年 "Night Call"
  • 2005年 "I fall into the heavens ..."
  • 2008年 "in Recital Concert Hall≫ (DVD)
  • 2009年 "The years of wandering"
  • 2011年 "The Artist"
  • 2014年 "Love-trap"
  • 2017年 "This is Love"

外部リンク[編集]