ワードマーク

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
コカ・コーラのワードマーク
コカ・コーラのワードマーク
マイクロソフトのワードマーク
マイクロソフトのワードマーク
カナダ政府のワードマーク
カナダ政府のワードマーク
IBMのワードマーク
IBMのワードマーク
コカ・コーラ、マイクロソフト、そしてIBMのワードマークは世界の中で特に影響を与えている。
カナダ政府のワードマークの使用は、政府によって規制されている[1]

ワードマーク英語: wordmark文字商標)とは、主に会社や団体、商品の名前をその文字のみを用いて整形したものを指す。それらの名前にアイデンティティを持たせるために、もしくはブランディングに使うために作られる。それを持つ団体の例として、 コカ・コーラマイクロソフトカナダ政府、そして IBMがあげられる。特に組織の名前が視覚的に覚えやすいよう、シンプル且つ鮮明に作られる。文字をこのように表現することによって、ワードマークはその組織、または商品のシンボルとなる。

アメリカ合衆国欧州連合では[2]、ワードマークの知的財産権を守るために登録を受け付けている。 またアメリカでは、ワードマークそのものだけでなく、その文字のスペルが商標として登録される[3]

関連項目[編集]

出典[編集]

  1. ^ Treasury Board of Canada Secretariat (2012年5月10日). “Canada Wordmark”. Federal Identity Program Policy. 2016年8月16日閲覧。
  2. ^ Trade mark definition”. Office for Harmonization in the Internal Market. 2016年8月16日閲覧。
  3. ^ Glossary (w - x)”. Guides. United States Patent and Trademark Office (2007年). 2016年8月16日閲覧。

参考文献[編集]

  • McWade, John. Before and After Graphics for Business. Peachpit Press: 2005. ISBN 978-0-321-33415-2.
  • White, Alexander W. The Elements of Graphic Design: Space, Unity, Page Architecture, and Type. Allworth: 2002. ISBN 978-1-58115-250-0.
  • Wheeler, Alina. Designing Brand Identity: A Complete Guide to Creating, Building, and Maintaining Strong Brands. Wiley: 2006. ISBN 978-0-471-74684-3.