ローリー (防護巡洋艦)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
USSRaleighC8.jpg
艦歴
発注
起工 1889年12月19日
進水 1892年3月31日
就役 1894年4月17日
退役 1919年4月21日
その後 1921年8月5日にスクラップとして売却
除籍 1921年8月5日
性能諸元
排水量 3,200トン
全長 305 ft 10 in
全幅 42 ft
吃水 20 ft 2 in
機関
最大速 19ノット
乗員 士官、兵員312名
兵装 6インチ砲1門
5インチ砲10門
6ポンド砲8門
1ポンド砲4門
18インチ魚雷発射管4門

ローリー (USS Raleigh, C-8) は、アメリカ海軍防護巡洋艦。艦名はノースカロライナ州ローリーに因む。その名を持つ艦としては2隻目。

艦歴[編集]

ローリーは1889年12月19日にバージニア州ポーツマスノーフォーク海軍工廠で起工する。1892年3月31日にアルフレッド・W・ヘイウッド夫人によって命名、進水し、1894年4月17日に艦長メリル・ミラー大佐の指揮下就役した。

進水後も5ヶ月間作業が行われ、9月初めにローリーはハンプトン・ローズに向かい、続いてチェサピーク湾で整調を行った。1895年1月にロードアイランド州ニューポート沖で艤装が完了し、25日にカリブ海での戦闘訓練のため北大西洋戦隊に合流し出航した。6月にニューヨークに向かい、続いて南へ向けて航海を続けフロリダ半島付近を巡航した。8月に修理のためニューヨークに帰還し、その後部隊と共に作戦活動を再開した。続く10ヶ月間、ローリーは西大西洋での作戦活動に従事し、ニューイングランドからフロリダ海峡までの範囲を巡航した。

1896年の夏、ローリーはサウスカロライナ州ルイジアナ州の海軍民兵を訓練し、その後東海岸に戻って北大西洋戦隊との演習を行った。10月末から1897年2月までフロリダ沖での中立パトロールに従事し、4月にノーフォークオーバーホールを完了すると、グラント将軍の墓所の献堂式に参加した。

5月6日にローリーは東に向けて出航し、6月11日にエーゲ海スマーナ(現在のイズミル)にあるヨーロピアン・ステーションに到着した。7月にはモロッコへの親善巡航に参加した。8月にローリーはイタリア沖を巡行し、その後地中海西部に帰還した。12月までレヴァント沖で活動し、同月末にスエズ運河を通過してアジア・ステーションに向かう。1898年2月18日にローリーは香港に到着し、ジョージ・デューイ提督の艦隊に加わった。

4月26日、連邦議会スペインに宣戦を布告した。27日に戦隊はマニラに向けて出航した。

月末にローリーはエル・フライル島を通過し、敵砲台による砲撃を受ける。ローリーはコンコード (USS Concord, PG-3)、ボストン (USS Boston) と共に反撃し、続いてスペイン艦隊に攻撃を行うためカヴィテに接近した。

アメリカ艦隊は縦列で航行し、スペイン艦隊に接近すると砲撃を始めた。2時間後、5度の交戦が完了し、スペイン艦隊は撃破された。沿岸砲台は格好の標的となった。5月1日の正午直前にローリーはオリンピア (USS Olympia, C-6)、ボストン、ペトレル (USS Petrel, PG-2) と合流し、海軍工廠および造兵廠の砲台を沈黙させた。5月2日、コレヒドール島の降伏を要求するためローリーの士官が上陸し、3日には砲台および軍需品を破壊するための部隊が派遣された。午後遅くに同様の目的でパロ・カバロにも部隊が派遣された。その後ローリーは偵察警戒任務を担当し、9日には砲艦カヤオ (Callao) を捕獲した。

7月にローリーはマニラ湾からスービック湾へ移動した。7日にグランデ島に砲撃を行い、スペイン軍部隊が降伏するまで砲撃を継続した。その後守備隊を上陸させた。10日にローリーはマニラに帰還し、その後スペイン軍が8月半ばに降伏するまで同地に留まった。


関連項目[編集]

外部リンク[編集]