ローズベリー伯爵

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ローズベリー伯から転送)
移動先: 案内検索
ローズベリー伯爵
Earl of Rosebery
Coat of Arms of the Earlof Rosebery
創設時期 1703年4月10日
創設者 ウィリアム2世
貴族 スコットランド貴族
初代 アーチボルド・プリムローズ英語版(初代ローズベリー子爵)
現所有者 ニール・プリムローズ英語版(7代伯)
相続人 ハリー・プリムローズ英語版(ダルメニー卿)
相続資格 継承した男子及び女子相続人(issue male and female successively)
付随称号 ミッドロージアン伯爵、ローズベリー子爵、インヴァーカイシング子爵、メントモア子爵、プリムローズ=ダルメニー卿、プリムローズ=ダルメニー卿、ローズベリー男爵、エプソム男爵、(キャリントンの)準男爵

ローズベリー伯爵: Earl of Rosebery)は、イギリス伯爵位の一つ。イングランドスコットランド連合前に叙位されたスコットランド貴族である。

1703年に初代ローズベリー子爵アーチボルド・プリムローズ英語版が授爵されたことに始まる。

歴史[編集]

ヴィクトリア女王の下、1894年から1895年までイギリスの首相を務めた第5代ローズベリー伯爵アーチボルド・プリムローズ

アーチボルド・プリムローズ英語版(1616-1679)は、ピューリタン革命期に枢密院書記官長を務めて王党派として行動した。そのため大陸亡命中のチャールズ2世共和政期の一時期スコットランドに上陸してスコットランド王即位を宣言すると厚遇され、1651年8月1日にはノヴァスコシア準男爵位の(キャリントンの)準男爵(Baronet "of Carrington")に叙せられた[1]。その直後チャールズ2世はウスターの戦い英語版クロムウェルに敗れて再び大陸へ亡命していったため、プリムローズも地所での隠遁生活を余儀なくされたが、王政復古後には再び栄進し、記録管理長官英語版スコットランド最高裁判所長官英語版など法律職の要職に任じられるとともに1661年2月にはスコットランド法服貴族キャリントン卿(Lord Carrington)の称号を得た[2]

キャリントン卿アーチボルドの死後、準男爵位は次男ジェイムズ・プリムローズ(1649-1687)によって継承された(長男は父に先立った)[3]。この家系は1703年スコットランド貴族爵位プリムローズ子爵英語版を得ている[4]

一方、キャリントン卿アーチボルドの三男(後妻との間の唯一の男子)であるアーチボルド・プリムローズ英語版(1664-1723)は、1695年から1700年にかけてスコットランド議会議員を務め、1700年4月1日スコットランド貴族爵位ローズベリー子爵Viscount of Rosebery)とプリムローズ=ダルメニー卿Lord Primrose and Dalmeny)に叙せられ、ついで1703年4月10日にスコットランド枢密顧問官に列するとともにローズベリー伯爵Earl of Rosebery)、インヴァーカイシング子爵Viscount of Inverkeithing)、ダルメニー=プリムローズ卿 (Lord Dalmeny and Primrose)の3つのスコットランド貴族爵位に叙せられた[5][6]

1723年10月20日の初代伯の死後はその唯一の息子であるジェイムズ・プリムローズ(1690-1755)が2代伯位を継承した。2代伯は1741年5月8日に本家筋にあたる従兄弟甥の第3代プリムローズ子爵(第5代準男爵)ヒュー・プリムローズが子供無く死去したことにより(キャリントンの)第6代準男爵位を継承している[5][7]

その孫である4代伯爵アーチボルド・プリムローズ(1783–1868)は、襲爵前にイギリス庶民院議員を務め、襲爵後もスコットランド貴族の貴族代表議員としてイギリス貴族院議員を務めた。1828年1月26日には連合王国貴族ローズベリー男爵Baron Roseberyに叙せられ、以降の当主は自動的に貴族院議員に列することになった[5][8]

4代伯の長男ダルメニー卿アーチボルド・プリムローズ英語版(1809-1851)は、父に先立って死去したため、4代伯の死後はダルメニー卿の遺児アーチボルド・プリムローズ(1847-1929)が5代伯を継承した。彼は自由党の政治家として出世し、1894年から1895年にかけて自由党政権の首相を務めた。そして首相退任後の1911年7月3日に連合王国貴族爵位ミッドロージアン伯爵Earl of Midlothian)、バッキンガム州におけるメントモアのメントモア子爵Viscount Mentmore, of Mentmore in the County of Buckingham)、サリー州におけるエプソムのエプソム男爵Baron Epsom, of Epsom in the County of Surrey)に叙されている[5][9]

5代伯の死後、その長男ハリー・プリムローズ英語版(1882-1974)が6代伯爵位を継承し、6代伯の死後はその次男(後妻との間の長男)ニール・プリムローズ英語版(1929-)が7代伯を継承した。2016年現在の当主も彼である[5][10]

伯爵位の法定推定相続人は、ダルメニー卿Lord Dalmeny)の儀礼称号で称される。ただし現在の7代伯は、早世した異母兄アーチボルド・プリムローズ英語版と同じ儀礼称号を用いるのを避け、プリムローズ卿Lord Primrose)の称号を用いていた。

ローズベリー伯爵家の邸宅はスコットランドエディンバラダルメニー英語版にあるダルメニー・ハウス英語版である。また1977年まではイングランドバッキンガムシャーメントモア英語版にあるメントモア・タワーズ英語版も所有していた。


現当主の保有爵位・準男爵位[編集]

現当主ニール・プリムローズ英語版は以下の爵位・準男爵位を保有している[5][10]

  • 第7代ローズベリー伯爵 (7th Earl of Rosebery)
    (1703年4月10日勅許状によるスコットランド貴族爵位)
  • 第3代ミッドロージアン伯爵 (3rd Earl of Midlothian)
    (1911年7月3日の勅許状による連合王国貴族爵位)
  • 第7代ローズベリー子爵 (7th Viscount of Rosebery)
    (1700年4月1日の勅許状によるスコットランド貴族爵位)
  • 第7代インヴァーカイシング子爵 (7th Viscount of Inverkeithing)
    (1703年4月10日の勅許状によるスコットランド貴族爵位)
  • バッキンガム州におけるメントモアの第3代メントモア子爵 (3rd Viscount Mentmore, of Mentmore in the County of Buckingham)
    (1911年7月3日の勅許状による連合王国貴族爵位)
  • 第7代プリムローズ=ダルメニー卿 (7th Lord Primrose and Dalmeny)
    (1700年4月1日の勅許状によるスコットランド貴族爵位)
  • 第7代ダルメニー=プリムローズ卿 (7th Lord Dalmeny and Primrose)
    (1703年4月10日の勅許状によるスコットランド貴族)
  • 第4代ローズベリー男爵 (4th Baron Rosebery)
    (1828年1月26日の勅許状による連合王国貴族爵位)
  • サリー州におけるエプソンの第3代エプソン男爵 (3rd Baron Epsom, of Epsom in the County of Surrey)
    (1911年7月3日の勅許状による連合王国貴族爵位)
  • (キャリントンの)第11代準男爵 (11th Baronet "of Carrington")
    (1651年8月1日の勅許状によるノヴァスコシア準男爵位)

ローズベリー伯爵(1703年)[編集]

系図[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]

注釈[編集]

出典[編集]

  1. ^ Lundy, Darryl. “Sir Archibald Primrose, Lord Carrington” (英語). thepeerage.com. 2016年9月29日閲覧。
  2. ^ Lundy, Darryl. “Sir Archibald Primrose, Lord Carrington” (英語). thepeerage.com. 2016年9月29日閲覧。
  3. ^ Lundy, Darryl. “Sir William Primrose of Carrington, 2nd Bt.” (英語). thepeerage.com. 2016年9月29日閲覧。
  4. ^ Lundy, Darryl. “William Primrose, 1st Viscount Primrose” (英語). thepeerage.com. 2016年9月29日閲覧。
  5. ^ a b c d e f Heraldic Media Limited. “Rosebery, Earl of (S, 1703)” (英語). Cracroft's Peerage The Complete Guide to the British Peerage & Baronetage. 2016年9月29日閲覧。
  6. ^ Lundy, Darryl. “Archibald Primrose, 1st Earl of Rosebery” (英語). thepeerage.com. 2016年9月29日閲覧。
  7. ^ Lundy, Darryl. “Lt.-Col. Hugh Primrose, 3rd Viscount Primrose” (英語). thepeerage.com. 2016年9月29日閲覧。
  8. ^ Lundy, Darryl. “Archibald John Primrose, 4th Earl of Rosebery” (英語). thepeerage.com. 2016年9月29日閲覧。
  9. ^ Lundy, Darryl. “Archibald Philip Primrose, 5th Earl of Rosebery” (英語). thepeerage.com. 2016年9月29日閲覧。
  10. ^ a b Lundy, Darryl. “Neil Archibald Primrose, 7th Earl of Rosebery” (英語). thepeerage.com. 2016年9月29日閲覧。

関連項目[編集]