アーチボルド・プリムローズ (第4代ローズベリー伯爵)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
伯爵家の新しい邸宅として第4代ローズベリー伯爵によって建てられたダルメニー・ハウス

第4代ローズベリー伯爵アーチボルド・ジョン・プリムローズ: Archibald John Primrose, 4th Earl of Rosebery1783年10月14日 - 1868年3月4日)は、イギリスの貴族。アザミ勲章勲爵士(KT)、枢密顧問官(PC)、王立協会フェロー(FRS)。

スコットランド貴族である第3代ローズベリー伯爵ニール・プリムローズの長男として、スコットランドリンリスゴウシャー州にあるバーンボーグル城英語版で生まれた[1][2]ケンブリッジ大学ペンブルック・カレッジで学び、1804年に学位M.A.)を取得[3]。1819年には同大学から名誉法学博士号(LL.D.)を授与された[3][1][2]

1805年からコーンウォールヘルストン英語版選挙区選出の、1806年から翌1807年までティペラリー州カシェル英語版選挙区選出のホイッグ党所属庶民院議員[4]

1814年に父親が死去したため爵位を相続し、第4代ローズベリー伯爵となる。1818年・1820年・1826年の三度にわたってスコットランド貴族代表議員としてグレートブリテン及びアイルランド連合王国貴族院議員を務めた後[4]、1828年に連合王国貴族カウンティ・オヴ・エディンバラにおけるローズベリーのローズベリー男爵Baron Rosebery, of Rosebery in the County of Edinburgh)」に叙された[5]。ホイッグ党員として彼は、1832年の第1回選挙法改正Reform Act 1832; 1832年選挙法改正法)を支持していた[4][2]。また1843年にリンリスゴウシャー統監Lord Lieutenant of Linlithgowshire)に任じられ[6]、1863年まで在職した[1][2]

1831年に枢密顧問官に列せられ[7]、1840年にアザミ勲章を受勲[8]。1819年には王立協会フェローに選出されている[9]

ロンドンピカデリーで1868年に死去し、爵位は孫のダルメニー卿アーチボルド・プリムローズに継承された[1][2]

家族[編集]

ローズベリーは2度結婚している。最初の妻である初代ラドナー伯爵英語版ウィリアム・ブーヴェリー英語版の孫ハリエット・ブーヴェリーとは1808年5月20日ロンドンメリルボーンで結婚した[1]。彼女との間に二男二女をもうけた。

1815年にハリエットと離婚した後、1819年8月12日に初代アンソン子爵トマス・アンソン英語版の娘アン・マーガレット・アンソンと再婚した[1][2]。彼女との間には二女をもうけた。

  • レディ・アン・プリムローズ (1820年 - 1862年)
  • レディ・ルイーザ・プリムローズ (1822年 - 1870年)

出典[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ a b c d e f PD-icon.svg Paul, James Balfour, Sir, ed (1910). “PRIMROSE, EARL OF ROSEBERY”. The Scots peerage. 7. Edinburgh: David Douglas. pp. 225-227. http://archive.org/stream/scotspeeragefoun07paul#page/224/mode/2up 2013年7月6日閲覧。. 
  2. ^ a b c d e f Henderson, Thomas Finlayson (1896). "Primrose, Archibald John" . In Lee, Sidney (ed.). Dictionary of National Biography (英語). 46. London: Smith, Elder & Co. pp. 379–380.
  3. ^ a b "Primrose, Archibald John (Lord Dalmeny). (PRMS801AJ)". A Cambridge Alumni Database (英語). University of Cambridge.
  4. ^ a b c Thorne, R. G. (1986). “PRIMROSE, Archibald John, Visct. Primrose (1783-1868).”. In Thorne, R. G.. The History of Parliament: the House of Commons 1790-1820. London: Boydell and Brewer. https://www.historyofparliamentonline.org/volume/1790-1820/member/primrose-archibald-john-1783-1868 2013年7月6日閲覧。. 
  5. ^ The London Gazette: no. 18433. p. 122. 1828年1月18日。2013年7月6日閲覧。
  6. ^ The London Gazette: no. 20215. p. 1311. 1843年4月21日。2013年7月6日閲覧。
  7. ^ The London Gazette: no. 18779. p. 361. 1831年2月25日。2013年7月6日閲覧。
  8. ^ The London Gazette: no. 19837. p. 694. 1840年3月20日。2013年7月6日閲覧。
  9. ^ Primrose; Archibald John (1783 - 1868); 4th Earl of Rosebery” (英語). Past Fellows. The Royal Society. 2013年7月6日閲覧。

外部リンク[編集]

先代:
ニール・プリムローズ
ローズベリー伯爵
第4代: 1814年 - 1868年
次代:
アーチボルド・プリムローズ
先代:
(創設)
ローズベリー男爵
初代: 1828年 - 1868年
次代:
アーチボルド・プリムローズ