ロメインレタス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
ロメインレタス
Starr 070730-7911 Lactuca sativa.jpg
レタス
分類APG III
: 植物界 Plantae
階級なし : 被子植物 angiosperms
階級なし : 真正双子葉類 eudicots
階級なし : コア真正双子葉類 core eudicots
階級なし : キク類 asterids
階級なし : キキョウ類 campanulids
: キク目 Asterales
: キク科 Asteraceae
: アキノノゲシ属 Lactuca
: チシャ L. sativa
変種 : ロメインレタス L. sativa L. var. longifolia
学名
Lactuca sativa L. var. longifolia Lam. [1]
英名
Romaine lettuce
Cos lettuce
ロメインレタスの断面図

ロメインレタス (Romaine lettuce, Lactuca sativa L. var. longifolia) またはコスレタス (Cos lettuce) は、レタスの品種の1つである。硬い葉脈を持つ長細い丈夫な葉が結球する。他の大部分のレタスとは異なり、熱に耐性を持つ。

起源と語源[編集]

北アメリカではロメインと呼ぶのが一般的だが、他の地域ではコスレタスとして知られている[2]。多くの辞書では、コスという言葉は、このレタスの発祥地と推定されているギリシャのコス島に由来するとしている[3]。他に、アラビア語でレタスを意味するخس khusに由来するという説もある[4]

ロメインレタスは、ローマを経由して西洋に伝わったと考えられており、イタリアではlattuga romana、フランスではlaitue romaineと呼ばれている。

料理[編集]

北アメリカのスーパーマーケットでは、ロメインレタスは一年中手に入る[5]

特に外側の古い葉の太い葉脈からは乳液が出て、これがロメインレタスに特徴的なハーブのような苦さを与える。

ロメインレタスは葉菜類としてサラダによく用いられ、特にシーザーサラダの材料となる。また、中東料理でもよく用いられる。

蒸し煮(ブレイズ)やスープなど、火を加えて調理することもある[5]

儀式での利用[編集]

ロメインレタスは、イスラエル人がエジプト人の奴隷として苦しめられていたことを象徴するマーロールとして、セーデル・シェル・ペサハに用いられる[6][7]

栄養価[編集]

ロメインレタス
100 gあたりの栄養価
エネルギー 72 kJ (17 kcal)
3.3 g
食物繊維 2.1 g
0.3 g
1.2 g
ビタミン
ビタミンA相当量
(36%)
290 μg
葉酸 (B9)
(34%)
136 μg
ビタミンC
(29%)
24 mg
ミネラル
カリウム
(5%)
247 mg
カルシウム
(3%)
33 mg
リン
(4%)
30 mg
鉄分
(7%)
0.97 mg
他の成分
水分 95 g
%はアメリカ合衆国における
成人栄養摂取目標 (RDIの割合。
出典: USDA栄養データベース(英語)

ロメインレタスに含まれる抗酸化物質は、癌を予防すると考えられている[8]

その他[編集]

フランス革命暦ジェルミナル(3月)22日は、ロメインレタスの日である[9]

2018年、アメリカ合衆国にて腸管出血性大腸菌O157による食中毒が流行した際には、アメリカ疾病予防管理センター (CDC) がロメインレタスの消費者に対し、食べずにすべて廃棄するよう呼びかける事態となった[10]

脚注[編集]

  1. ^ L. sativa L. var. longifolia Tropicos
  2. ^ Walker, Norman Wardhaugh (1970年). “Cos or Romaine Lettuce Juice”. Fresh Vegetable and Fruit Juices: What's Missing in Your Body?. Book Publishing Company. 2013年12月2日閲覧。
  3. ^ Oxford English Dictionary, First Edition, 1893, s.v. 'cos'
  4. ^ "Cos lettuces are probably not named for the island of Kos but for the Arabic word for lettuce', Alan Davidson, The Oxford Companion to Food, s.v. 'lettuce'. Oxford University Press 1999. ISBN 0-19-211579-0.
  5. ^ a b Mark Bittman, "The Charms of the Loser Lettuces", New York Times, April 2, 2010 full text, recipe for "Braised Romaine Hearts"
  6. ^ Bradshaw, Paul; Hoffman, Lawrence (August 19, 2000). “Towards a History of the Paschal Meal”. Passover and Easter: Origin and History to Modern Times. University of Notre Dame Press. ISBN 9780268038595. http://www.amazon.com/Passover-Easter-History-Liturgical-Traditions/dp/0268038597/ref=sr_1_3?ie=UTF8&qid=1333554603&sr=8-3. 
  7. ^ Ronald L. Eisenberg, Jewish Traditions: A JPS Guide, Jewish Publication Society, 2010, ISBN 0827610394 p. 286
  8. ^ American Institute for Cancer Research, "Foods That Fight Cancer: Dark Green Leafy Vegetables".
  9. ^ Tooke, William. The Monarchy of France: its rise, progress, and fall, p. 634
  10. ^ 米保健当局「ロメインレタスを食べないで」 O157で食中毒流行 写真3枚 国際ニュース:AFPBB News

参考文献[編集]

外部リンク[編集]

  • ウィクショナリーには、romaineの項目があります。