ロニ・アンダーソン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
ロニ・アンダーソン
Loni Anderson
Loni Anderson
2012年12月のアンダーソン
本名 Loni Kaye Anderson
生年月日 (1945-08-05) 1945年8月5日(74歳)
出生地 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国ミネソタ州セントポール
国籍 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
職業 女優
活動期間 1966年、1975年-
配偶者 ブルース・ハッセルバーグ (m. 1964–66)
ロス・ビッケル (m. 1973–81)
バート・レイノルズ (m. 1988–93)
ボブ・フリック (m. 2008)
テンプレートを表示

ロニ・ケイ・アンダーソン(Loni Kaye Anderson、1945年8月5日 - )は、アメリカ合衆国女優。1978年から1982年にかけて4年間放映されたテレビドラマ『かっとび放送局WKRP』のジェニファー・マーロウ英語版役で知られる。

生い立ち[編集]

ミネソタ州セントポール環境化学者の父クレイドン・カール・"アンディ"・アンダーソンとモデルの母マクシーン・ヘーゼル(旧姓カリン)の娘として生まれ、同州郊外のローズビル英語版で成長した。1963年、ローズビルのアレキサンダー・ラムジー・シニアハイスクールの最上級生の時に、バレンタインデー・ウィンター・フォーマルのクイーンに選ばれた[1]。高校卒業後、ミネソタ大学ツインシティー校に通った[2]。彼女の自叙伝「My Life in High Heels」によれば父親は当初「レイロニ」 (Leiloni) と名付けようと考えていたが、10代になった時に「Lay Loni.」(俗語でロニとセックスして)と曲解されかねないと気付き、単に「ロニ」と変えた。

経歴[編集]

1992年のアンダーソン

銀幕デビューは1966年のスティーブ・マックイーンが主演した映画『ネバダ・スミス』である。その後は1970年代中頃からテレビ番組にゲスト出演するようになるまで、女優としては約10年間に及ぶ空白期間が続いた。1975年に『特別狙撃隊S.W.A.T.』の2つのエピソード、シットコムPhyllis』の1エピソードに出演。

最大の当たり役はCBSのシットコム『かっとび放送局WKRP』(1978–82年)の官能的な受付嬢ジェニファー・マーロウである。番組プロデューサーはアンダーソンが赤いビキニを着て、1976年のファラ・フォーセットの有名なピンナップを模したポーズをとっているポスターを見てこの役に抜擢した。製作者のヒュー・ウィルソンは、アンダーソンがジェーン・マンスフィールドの肉体とマリリン・モンローの無垢なセックスアピールを兼ね備えていたので、この役を射止めたと明かした。4年間を通してニールセン英語版の視聴率調査では振るわなかったが、ティーンエイジャー、ヤングアダルト、ディスクジョッキーの間に根強い支持者がいた。番組のいわゆる「目玉」としての人気が高まり、1980年夏のシリーズ中断期間にアンダーソンはシットコム出演を拒否し、相当額のギャラアップを要求した。中断期間の契約再交渉中に、CBSのテレビ映画『愛しのジェーン・マンスフィールド英語版』(1980年)で主役のブロンド悩殺美人ジェーン・マンスフィールドを演じた。CBSが彼女の要請を受け入れると、アンダーソンは『WKRP』に戻り1982年の番組打ち切りまで出演を続けた。『WKRP』は各国に番組販売され、長く人気を保った。

女優としての実績以外にも華やかな私生活、特に俳優のバート・レイノルズとの交際・結婚が注目を集めた。2人は評価も興行成績も不首尾に終わった、1983年のコメディ映画『ストローカーエース』で共演した。1984年、スティーブ・マーティン主演のロマンチックコメディー『スティーブ・マーティンのロンリー・ガイ』に自分自身として出演。1989年、アニメ映画『天国から来たわんちゃん』でラフ・コリーのフローの声を演じた。

1980年代には、アンダーソンの経歴に徐々に陰りが見えていった。1984年、酷評されたテレビシリーズ『Partners in Crime』でワンダーウーマン女優リンダ・カーターと共演。古典的ハリウッド映画をテレビ映画としてリメイクした『三人の妻への手紙』(1985年放映、ミシェル・リー英語版と共演。)や『私は殺される』(パトリック・マクニーハル・ホルブルックと共演。)のテレビ向けリメイクに出演したが、どちらも殆ど注目されなかった。1990年、映画『Coins in the Fountain』に出演後、1991年のテレビ映画『White Hot: The Mysterious Murder of Thelma Todd』における喜劇女優セルマ・トッドの人物描写は少なからぬ賞賛を受けた。

1990年代初め、CBSの新作コメディ『Evening Shade』で夫のバート・レイノルズと共演しようとしたが、CBS側は難色を示しアンダーソンの代わりにマリル・ヘナーを配した。 1991年、CBSの『浮気なおしゃれミディ英語版』からデルタ・バークが解雇された後任として、製作者はアンダーソンにバークの役を提供したがギャラが折り合わずに実現しなかった。 しかし『かっとび放送局WKRP』新シリーズ (The New WKRP in Cincinnati) の2つのエピソードにジェニファー・マーロウとして復帰する事には同意した。1993年、NBCのシットコム『Nurses』の第3シーズンに病院管理者のケイシー・マカフィー役で出演。番組のテコ入れのための出演であったが、シリーズは間もなく打ち切りとなった。その後は『サブリナ』(1997年)『V.I.P.』(1999年)などの人気テレビドラマにゲスト出演し、また1998年には映画『ロクスベリー・ナイト・フィーバー英語版』に出演した。

私生活[編集]

アンダーソンは4回結婚した。ブルース・ハッセルバーグ(1964年–66年)、ロス・ビッケル(1973年–81年)、俳優で共演者でもあったバート・レイノルズ(1988年–93年)。2008年5月17日、ブラザース・フォアの創立メンバーの1人であるボブ・フリックと結婚[3]。2人は1960年にフリックのグループの曲「グリーンフィールズ」がポップチャート2位に入った数年後に、アンダーソンの故郷セントポールでの映画プレミアで出会った。式典には友人と家族(息子のクイントン・レイノルズを含む)が参加した。

彼女には2人の子供がいる。最初の結婚で生まれた娘[4]、ディードラ・ホフマンは[5]カリフォルニアの学校経営者である[6]。バート・レイノルズとの間には、息子クイントン・アンダーソン・レイノルズ(1988年8月31日 - )が生まれた[7]。1997年、自叙伝「My Life in High Heels」を著した。

喫煙者で慢性閉塞性肺疾患(COPD)に冒された両親と共に育ったアンダーソンは[8]、国立呼吸器健康教育プログラム (NLHEP) キャンペーン[8]及びCOPDと介護者支援の認識を広める[9]COPDTogether[10]のスポークスウーマンとなった[8]

アンダーソンはルター派として育った[11]

主な出演作品[編集]

映画[編集]

タイトル 役名 備考
1966 ネバダ・スミス ブルネットの酒場の女 クレジットはされず
1976 恐怖の暴力自警団英語版 ピーチーズ クレジットはされず
1983 ストローカーエース ペンブルック・フィーニー
1984 スティーブ・マーティンのロンリー・ガイ 本人として クレジットはされず
1989 天国から来たわんちゃん フロー 声優として
1990 Coins in the Fountain Leah
1992 まんちい英語版 キャシー
1998 クロオビ・キッズ/メガ・マウンテン奪回作戦 マリ・アン・"メドゥーサ"・ロジャース
ロクスベリー・ナイト・フィーバー英語版 バーバラ・ブタビ

テレビ[編集]

タイトル 役名 備考
1975 特別狙撃隊S.W.A.T. 美術教師、ミス・テキサス 2エピソード
1978-82 かっとび放送局WKRP ジェニファー・マーロウ英語版 89エピソード
1978 超人ハルク シェイラ・カントレル 1エピソード
Three's Company Susan Walters 1エピソード
1980 愛しのジェーン・マンスフィールド英語版 ジェーン・マンスフィールド テレビ映画
1981 『Sizzle』 Julie Davis テレビ映画
1982 『Country Gold』 Mollie Dean Purcell テレビ映画
1984 Partners in Crime Sydney Kovak 13エピソード
1985 『三人の妻への手紙』 ローラ・メイ・ホロウェイ テレビ映画
世にも不思議なアメージング・ストーリー ラブ 「自責の旅」
1986 Easy Street L.K. McGuire 22エピソード
1987 Blondie & Dagwood ブロンディ・バムステッド テレビ映画、声優として
1988 『A Whisper Kills』 Liz Bartlett テレビ映画
ジェラシー/殺意のほほえみ英語版 エレン・ベレント テレビ映画
1989 『私は殺される』 マデレーン・スティーヴンソン テレビ映画
1991 White Hot: The Mysterious Murder of Thelma Todd セルマ・トッド テレビ映画
1992 『The Price She Paid』 Lacey テレビ映画
1993-94 Nurses Casey MacAfee 22エピソード
1994 Without Warning 冒頭の女優 テレビ映画、クレジットはされず
1996 メルローズ・プレイス テリー・カーソン 3エピソード
2003-04 The Mullets Mandi Mullet-Heidecker 11エピソード
2006 So Notorious Kiki Spelling 8エピソード

脚注[編集]

  1. ^ classmates.com yearbooks Ramsey High School 1963”. 2015年8月28日閲覧。
  2. ^ Loni Anderson Biography (1945?-)”. Filmreference.com. 2015年8月28日閲覧。
  3. ^ Loni Anderson”. Biography.Com. 2015年8月28日閲覧。
  4. ^ Schindehette, Susan (1993年9月13日). “What a Mess!”. People. Time Inc. 2015年8月28日閲覧。
  5. ^ Dougherty, Margot (1988年5月16日). “Burt & Loni's Wedding Album”. People. Time Inc. 2015年8月28日閲覧。
  6. ^ Lipton, Michael A. (2003年9月15日). “Red-Hot Grandmama”. People. Time Inc. 2015年8月28日閲覧。
  7. ^ Burt and Loni, and baby makes glee (The Philadelphia Inquirer – September 3, 1988)
  8. ^ a b c “Loni Anderson — Caring for You”. ABILITY Magazine. (Dec 2013 – Jan 2014). http://abilitymagazine.com/Loni-Anderson-caregiving.html 2015年8月28日閲覧。 
  9. ^ Ability Magazine: Loni Anderson interview by Chet Cooper and Gillian Friedman, MD”. 2015年8月28日閲覧。
  10. ^ COPD Together”. copdtogether.com (Dec 2013 – Jan 2014). 2015年8月28日閲覧。
  11. ^ The Religion of Loni Anderson”. Adherants.com (2005年8月27日). 2015年8月28日閲覧。

外部リンク[編集]