ロッキー・リン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
ロッキー・リン
基本情報
本名 林 明佳
通称 台湾の英雄
階級 ミニマム級
国籍  台湾
誕生日 (1967-06-20) 1967年6月20日(51歳)
出身地  台湾彰化県
スタイル 右ボクサー
プロボクシング戦績
総試合数 28
勝ち 26
KO勝ち 11
敗け 2
テンプレートを表示

ロッキー・リンRocky Lin1967年6月20日 - )は、台湾の元プロボクサーである。彰化県出身。本名は林 明佳(リン・ミンチャ)。台湾出身者初のプロボクサーで初の世界挑戦者でもある[1]

来歴[編集]

アマチュアで63戦58勝(30KO・RSC)5敗の成績を残し、1987年東京・ロッキージムの開行憲会長にスカウトされ来日。リングネームロッキー・リン」を貰う。日本代表としてロス五輪入賞黒岩守スパーリング

1988年5月23日、プロデビュー(6回判定勝ち)。

1990年3月9日、7戦目で日本ストロー級(現:ミニマム級)王座獲得。その後、7度の防衛に成功し、世界ランキングもWBC1位に浮上。世界初挑戦が決定した1992年9月、王座返上。

1992年10月11日、後楽園ホールで指名挑戦者としてWBC世界ストロー級王者リカルド・ロペスメキシコ)に挑戦。2回、王者の強烈な左フックをまともに受け、大の字に失神。そのままKO負けとなり、世界王座奪取ならず。

1993年10月2日、1年ぶりの再起戦を初回TKO勝ち。この試合を皮切りに、5連続KO勝ち。

1998年8月23日、6年ぶりの世界再挑戦。横浜アリーナでのトリプル世界戦にてワンディ・チョー・チャレオンタイ)とWBC世界ミニマム級暫定王座決定戦を争ったが、12回判定負け。またしても世界王座獲得はならなかった。この試合を最後に引退し、母国・台湾へ帰国。

現在は母国で後進の指導に当たっている。

脚注[編集]

  1. ^ ボクシング・マガジン編集部 『日本プロボクシング史 世界タイトルマッチで見る50年』 ベースボール・マガジン社、2002年

関連項目[編集]

外部リンク[編集]

前王者
徳島尚
第7代日本ミニマム級王者

1990年3月9日 - 1992年9月(返上)

空位
次タイトル獲得者
細野雄一