ロズリーヌ・バシュロ=ナルカン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
ロズリーヌ・バシュロ

ロズリーヌ・バシュロ=ナルカン(Roselyne Bachelot-Narquin、1946年12月24日 - )は、フランス政治家ニエーヴル県ヌヴェール出身。一般には、ロズリーヌ・バシュロ(Roselyne Bachelot)の名で通っている。国民運動連合所属。欧州議会議員欧州議会では、欧州人民党の会派に所属し、雇用・社会問題委員会で活動していた。フランソワ・フィヨン内閣の保健・青年・スポーツ相。

2016年3月にバシュロは出演したテレビ番組で、テニスプレーヤーのラファエル・ナダルが2012年後半よりツアーを離脱したのは、ドーピング検査で陽性反応を示したことを隠すためだったと発言した[1]。これに対し、ナダルはイメージを損なわれたとして10万ユーロの損害賠償を求めて提訴し、2017年11月16日、パリ裁判所はバシュロに対して1万2000ユーロを支払うよう命ずる判決を言い渡した[2]

出典[編集]

外部リンク[編集]