ロスマリン酸

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

ロスマリン酸 C18H16O8 ローズマリー、シソ、レモンバームなどのシソ科植物に含まれるポリフェノール類です、

抗酸化作用を有しアレルギー症状を緩和する作用があります。エタノールに可溶性があります。

脳神経によいとされ近年認知症予防の研究が進んでいます。