ロイツマ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
ロイツマ
Loituma
別名 Jäykkä Leipä
出身地  フィンランドヘルシンキ
活動期間 1989年
レーベル NorthSide
メンバー サリ・カウラネン
アニタ・レフトラ=トッリン
ティモ・ヴァーナネン
ハンニ=マリ・アウテレ
旧メンバー サンナ・クルキ=スオニオ
テッル・パウラスト

ロイツマLoituma)はフィンランドの伝統声楽とカンテレ(フィンランドのツィター)を組み合わせたカルテットである。1997年カウスティネン伝統音楽祭にてバンド・オヴ・ザ・イヤーに選ばれた。

沿革[編集]

ロイツマの最初の前身は1989年シベリウス音楽院民俗音楽部で結成されたヤユッカ・レイパ (Jäykkä Leipä「堅いパン」)という7人組である。初期メンバーのうちサンナ・クルキ=スオニオSanna Kurki-Suonio)とテッル・パウラスト(Tellu Paulasto)は後にスウェーデンへ渡ってヘドニンガルナのメンバーとなった。

長年に渡りロイツマは独自の音楽の路をたどり様々な音楽の影響を活用し、様々な音楽の起源へ没頭してきた。フィンランドの民族音楽の基礎の一つはその歌唱技法で、物語と感情をよく伝える。ロイツマの歌はマルッティ・ポケラMartti Pokela)とトイヴォ・アラスパー(Toivo Alaspää)の伴奏と共にフィンランドの遺産を伝える。もう一つのロイツマの技法の基礎がカンテレの様々な演奏法である。

彼らはよく自分たちの即興で作曲や編曲を行う。歌詞にはさまざまな起源があり、主にカレワラカンテレタルを元としている。

メンバー[編集]

ディスコグラフィー[編集]

  • Loituma(フィンランドにて1995年発売) / Things of Beautyアメリカにて1998年発売)
  • Kuutamolla(フィンランドにて1998年発売) / In the Moonlight(アメリカにて1999年発売)

外部リンク[編集]