ロイス・ウェバー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
Lois Weber
ロイス・ウェバー
ロイス・ウェバー
1916年のロイス・ウェバー
本名 フローレンス・ピーツ
生年月日 (1881-06-13) 1881年6月13日
没年月日 (1939-11-13) 1939年11月13日(58歳没)
出生地 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国 ペンシルベニア州アレゲニー(現在の同州ピッツバーグノースサイド)
死没地 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国 カリフォルニア州ロサンゼルス市ハリウッド
職業 俳優映画監督脚本家映画プロデューサー
ジャンル サイレント映画
配偶者 フィリップス・スモーリー
(1906年 - 1922年離婚)
ハリー・ガンツ
(1926年 - 1935年離婚)
備考
ハリウッド・ウォーク・オブ・フェーム

ロイス・ウェバーLois Weber, 1881年6月13日 - 1939年11月13日)は、アメリカ合衆国女優映画監督脚本家映画プロデューサーである。1914年(大正3年)に監督作『ヴェニスの商人』を発表、初めて長篇劇映画を演出した女性監督として知られる[1]。出生名はフローレンス・ピーツFlorence Pietz[1]

人物・来歴[編集]

1881年(明治14年)6月13日、アメリカ合衆国ペンシルベニア州アレゲニー(現在の同州ピッツバーグノースサイド)に生まれる。

長じて、同地で卓越したピアニストになるが、家出をし、歌い手としてのキャリアを求めようとニューヨーク市へと移った。実家を離れてからのウェバーは貧困の中に暮らし、街頭での福音伝道者として働き、ニューヨークやピッツバーグで説教をし賛美歌を歌った。1905年(明治38年)、ゴーモンの米国部門に演技者として入社、翌1906年(明治39年)には、同社のマネージャーであったフィリップス・スモーリーと結婚した[1]

1908年(明治41年)には、Hypocrites と題する脚本を執筆し、映画作家・アリス・ギィ=ブラシェの夫であるハーバート・ブラシェが監督した。Hypocrites は、1915年(大正4年)にウェバーが脚本を執筆し、監督し、プロデュースし、主演した映画と同一のタイトルであり、同作は、当時にしては大胆に考察された社会的主題、道徳的レッスンを目指したものであった。そのような映画と主題には、人工妊娠中絶避妊を扱った『暗中鬼』、死刑制度を扱った The People vs. John Doeアルコール使用障害薬物依存症を扱った Hop, the Devil's Brew (いずれも1916年)等がある。主題が議論を巻き起こしたおかげで、ウェバーの監督作の多くは興行的に成功を収めた。

1916年(大正5年)には、ウェバーは、ユニバーサル・フィルム・マニュファクチュアリング・カンパニー(現在のユニバーサル・ピクチャーズ)社内でももっとも高給をとる監督になり、同年、ロシア出身のバレリーナであるアンナ・パヴロワの映画デビュー作、ユニバーサル特作映画『ポルチシの啞娘』を監督した[2]。翌1917年(大正6年)には、自らの製作会社ロイス・ウェバー・プロダクションズを設立している。ウェバーは、当時女性でただひとり、アメリカ映画監督協会の会員であることを許されていた。この時期のウェーバーのもっとも成功した作品は、クレア・ウィンザールイス・カルハーンが主演した『汚点』である。同作は、パラマウント映画が配給した5作のウェバー作品の1作である。

1925年1月、500万ドルをかけた人気小説の映画化の焼き直しのためカール・レムリに雇われウェバーは再びユニバーサルに戻った[3][4]。毎年ユニバーサルはロン・チェイニー主演の『ノートルダムのせむし男 (1923年の映画)英語版』(1923年)、『オペラの怪人』(1925年)など巨額を投じた大作を製作していた[5]。低評価により、同年9月の再公開に合わせてウェバーとモウリス・パイヴァーが『オペラの怪人』の編集に任命された[6]

1920年代(大正10年代)に入ると、ウェバーの運命に変化を来たした。自社を手放し、1922年(大正11年)には虐待とアルコール依存に溺れるスモーリーと離婚するに至り、ウェーバーは神経衰弱を患うことになる。ハリー・ガンツと1926年(大正15年)に結婚したが、1935年(昭和10年)には離婚している。手がけた最後のサイレント映画は、1927年(昭和2年)に発表した『歓楽地獄』と The Angel of Broadway であった。

最後の監督作は1934年(昭和9年)の White Heat で、砂糖プランテーション農場における異人種(白人と非白人)間結婚の話であった。同作はほとんど収入を得られず、その後のウェバーはユニヴァーサル社でスクリプト・ドクターの仕事を見つけるくらいしか仕事はなくなってしまった。

1939年(昭和14年)11月13日カリフォルニアロサンゼルス市ハリウッドで死去した。満58歳没。財産もなく、子どもももたなかった。映画産業への貢献を称え、ハリウッド大通り6518番地のハリウッド・ウォーク・オブ・フェームに星を刻んだ。

おもなフィルモグラフィ[編集]

Shoes (1916年)

特筆以外は監督である[1][7]。アンソニー・スライドによれば現存作品は17作である[8]

関連事項[編集]

[編集]

  1. ^ a b c d Lois Weber, Internet Movie Database, 2010年4月2日閲覧。
  2. ^ The Dumb Girl of Portici, silentera.com (英語), 2010年4月6日閲覧。
  3. ^ Shelley Stamp, "Lois Weber in Jazz Age Hollywood", Framework: The Journal of Cinema and Media 52.
  4. ^ "Lois Weber Engaged", Moving Picture World (January 31, 1925):487; "Universal Program Running High", Los Angeles Times (January 23, 1925):A9.
  5. ^ David Pierce, 'Carl Laemmle's Outstanding Achievement': Harry Pollard and the Struggle to Film "Uncle Tom's Cabin", Film History 10:4 (1998):459.
  6. ^ Robert S. Birchard, Early Universal City (Arcadia Publishing, 2009):111.
  7. ^ ロイス・ウェバー、キネマ旬報映画データベースおよびallcinema ONLINE, 2010年4月2日閲覧。
  8. ^ a b c d e f g h i j k l m n o p q r Lois Weber, or the exigency of writing: part six, William D. Routt, www.latrobe.edu.auラ・トローブ大学)、2010年4月3日閲覧。

外部リンク[編集]