タイロン・パワー・シニア

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
Tyrone Power, Sr.
タイロン・パワー・シニア
タイロン・パワー・シニア
本名 フレデリック・タイロン・エドモンド・パワー Frederick Tyrone Edmond Power
別名義 タイロン・パワー二世 Tyrone Power II
タイロン・パワー Tyrone Power
生年月日 (1869-05-02) 1869年5月2日
没年月日 (1931-12-23) 1931年12月23日(62歳没)
出生地 イギリスの旗 イギリス ロンドン
死没地 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国 カリフォルニア州ロサンゼルス市
国籍 イギリスの旗 イギリスアメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
職業 俳優
ジャンル 舞台サイレント映画
活動期間 1886年 - 1930年
配偶者 イーディス・クレイン 死別
ヘレン・ベイトマン 離婚
バーサ・ナイト 死別
著名な家族 タイロン・パワー 祖父
ハロルド・パワー 父
エセル・ラヴェニュー
タイロン・パワー 長男
アン・パワー 長女
タイロン・パワー・ジュニア
タリン・パワー
ロミナ・パワー

タイロン・パワー・シニアTyrone Power, Sr., 1869年5月2日 - 1931年12月23日)は、イギリス出身のアメリカ合衆国俳優である[1]。本名フレデリック・タイロン・エドモンド・パワーFrederick Tyrone Edmond Power)、舞台ではタイロン・パワー二世Tyrone Power II)、映画では一貫してタイロン・パワーTyrone Power)と名乗った[1]

人物・来歴[編集]

1869年5月2日、イギリスのロンドンに生まれる。祖父はアイルランドの舞台俳優タイロン・パワー英語版で、のちに舞台俳優としてしばしば「タイロン・パワー二世」と名乗ったのは、祖父へのリスペクトの表明である[1]。父はピアニストのハロルド・パワー、母は女優のエセル・ラヴェニュー英語版である[1]

ダリッジ・カレッジに学んだ後、一家でアメリカへ移民する[1]。フレデリック・タイロンはフロリダに送られ、果実園で働くことになるが、農園を飛び出して俳優となる。1886年(明治19年)、初舞台を踏む[1]。1898年(明治31年)、イーディス・クレインと結婚する[1]

1912年(明治45年)、妻イーディスと死別、同年、「ミセス・タイロン・パワー」の名で知られるヘレン・ベイトマンと再婚する[1]。1914年(大正3年)5月5日、第1子タイロン・エドモンド・パワー・ジュニア(のちのタイロン・パワー)が生まれる[1][2]。ニューヨークで活動していたパワーは、フェイマス・プレイヤーズ・フィルム・カンパニー製作、トーマス・ヘフロン監督の Aristocracy に出演、同作が映画初出演となり、同年11月26日に公開される[1]

カリフォルニア州ロサンゼルス市に移住し、同地のセリグ・ポリスコープ・カンパニーで、1915年(大正4年)7月26日公開、ジャイルズ・ウォーレン監督の A Texas Steer に出演、以降、翌年までに合計4作に出演する[1]。同年8月25日には、第2子アン・パワーが生まれる[1][3]。1916年(大正5年)には、ヘレンと離婚する[1]。同年、ユニヴァーサル・フィルム・マニュファクチュアリング・カンパニー(現在のユニバーサル・ピクチャーズ)で、フィリップス・スモーリーロイス・ウェバー夫妻が共同監督した映画に3作主演、うち2作、 John Needham's Double, 『獄屋の月』はユニヴァーサルが同年に設立した子会社・ブルーバード映画の作品で、もう1作『暗中鬼』はロイス・ウェバー・プロダクションズの作品であった[1]。『暗中鬼』では1歳になる娘のアンがノンクレジットで出演している[1][4]。『獄屋の月』と『暗中鬼』は日本でも公開された[5]。1917年(大正6年)以降は、小プロダクション作品に主演している。

1921年(大正10年)2月、バーサ・ナイトと三度目の結婚をする[1]。1920年代にあっても、映画には主演・共演問わず出演し、ブロードウェイの舞台にも立った[1]。1930年(昭和5年)、フォックス・フィルム(現在の20世紀フォックス)で、パワーにとっての初のトーキービッグ・トレイル英語版』(ジョン・ウェインの初主演作でもある。)に出演する[1]。同作が遺作となる[1]

1931年(昭和6年)12月23日、カリフォルニア州ロサンゼルス市で心筋梗塞により死去した[1]。満62歳没。「タイロン・パワー」の名跡は、長男のタイロン・エドモンド・パワー・ジュニアが継承した[1]

フィルモグラフィ[編集]

すべて出演作である[1]

1910年代[編集]

1920年代[編集]

1930年代[編集]

関連事項[編集]

[編集]

  1. ^ a b c d e f g h i j k l m n o p q r s t u v Tyrone Power, Sr., Internet Movie Database (英語), 2010年6月2日閲覧。
  2. ^ Tyrone Power - インターネット・ムービー・データベース(英語), 2010年6月2日閲覧。
  3. ^ Anne Power - インターネット・ムービー・データベース(英語), 2010年6月2日閲覧。
  4. ^ Where Are My Children? - インターネット・ムービー・データベース(英語), 2010年6月2日閲覧。
  5. ^ 『ブルーバード映画の記録』 : 製作・著・発行山中十志雄・塚田嘉信、1984年4月、p.60-63.

外部リンク[編集]