レフ・ポントリャーギン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
レフ・ポントリャーギン(左)

レフ・セミョーノヴィッチ・ポントリャーギンЛев Семёнович Понтрягин1908年9月3日 - 1988年5月3日)は、ロシア数学者

ロシア革命前のモスクワに生まれ、ソビエト連邦崩壊直前にこの世を去った。彼の家庭はとても貧しく月謝の安い実験学校さえ行けず、4年制の小学校で最初の教育を受けた。14歳の時に爆発事故により失明した。そんな彼が数学者となれたのは母親の献身的な努力があったからだと言われている。 農家の主婦だった彼の母親タチヤーナ・アンドリェーエヴナ・ポントリャーギンは、彼が身を立てるための一切の世話を引き受けた。文献を読んで聞かせたり、論文に式を書き込んだり、さらに彼女自身外国語を習得して彼の完全な「秘書」を勤めた。数学者となった彼の専門分野は、幾何学微分幾何学)だった。

1929年にモスクワ大学卒、1935年には物理・数学博士、教授、1938年には位相群論、連続群論を発表、数々の数学的業績に対してレーニン賞スターリン賞、ロバチェフスキー賞、ソビエト連邦国家賞、社会主義労働の英雄という称号などを授かった。

著書[編集]

日本語訳のあるもの[編集]

  • ポントリャーギン; 坂本實訳 『やさしい微積分』 (新版) 筑摩書房〈ちくま学芸文庫〉、2008年ISBN 978-4480091499 
  • ポントリャーギン; 柴岡寿光訳 『連続群論』上巻 岩波書店、1957年ISBN 978-4000061605 
  • ポントリャーギン; 柴岡寿光訳 『連続群論』下巻 岩波書店、1958年ISBN 978-4000061612 
  • ポントリャーギン; 千葉克裕訳 『常微分方程式』 (新版) 共立出版、1968年ISBN 978-4320010383 
  • ポントリャーギン; 松野武訳 『座標・線・面―解析幾何と複素変数』 (POD版) 森北出版〈ポントリャーギン数学入門双書1〉、2012年ISBN 978-4627042193 
  • ポントリャーギン; 清原岑夫訳 『無限小解析ー複素変数からの新しいアプローチ』 (POD版) 森北出版〈ポントリャーギン数学入門双書2〉、1999年ISBN 978-4627042216 
  • ポントリャーギン; 宮本敏雄、松野武訳 『代数―線形代数と多項式』 (POD版) 森北出版〈ポントリャーギン数学入門双書3〉、2012年ISBN 978-4627042391 
  • ポントリャーギン; 宮本敏雄、小柴善一郎訳 『常微分方程式とその応用』 (POD版) 森北出版〈ポントリャーギン数学入門双書4〉、2010年ISBN 978-4627042490 
  • ポントリャーギン; 宮本敏雄、保坂秀正訳 『数概念の拡張』 (POD版) 森北出版〈ポントリャーギン数学入門双書5〉、2002年ISBN 978-4627042599 
  • ポントリャーギン; 坂本實訳 『最適制御理論における最大値原理』 (POD版) 森北出版〈ポントリャーギン数学入門双書6〉、2009年ISBN 978-4627042698 
  • ポントリャーギン; 井関清志訳 『トポロジーの基礎』 東京図書、1975年 
  • ポントリャーギン、ボルチャンスキー、ガムクレリーゼ、ミシチェンコ; 関根智明訳 『最適過程の数学的理論』 文一総合出版、1967年 

英語版のあるもの[編集]

  • Pontryagin, L.S. (2015). Foundations of Combinatorial Topology. Dover Books on Mathematics (Kindle ed.). Dover Publications. 

参考文献[編集]

  • 『現代数学小事典』 寺阪英孝、講談社〈ブルーバックスB325〉、1977年6月、421-422頁。ISBN 978-4061179257

外部リンク[編集]