レビッチ式

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

レビッチ式 (Levich Equation) は、 回転円盤電極 (RDE) の近傍における拡散・溶解流の状態をモデル化した方程式である。RDE を電気化学研究におけるツールとして初めて開発したベニアミン・グリゴリエビッチ・レビッチ英語版に因んで命名された。RDE を用いて計測される電流の振る舞い、特に回転円盤電極ボルタンメトリにおいて観測されるシグモイド波の高さを予言するために用いられる。このシグモイド波の高さはレビッチ電流と呼ばれることが多い。

レビッチ方程式は次のように書き下せる。

ここで、各変数および定数は次のように定義する。

注意:(0.620 という係数をもつ)上述の方程式を用いるためには上に挙げたパラメータを指定した単位で用いる必要があることに注意されたい(たとえば回転電極の速度にラジアン毎秒ではなく回転毎分を用いてはならない)。もし、回転毎秒を用いる場合は、0.620 の代わりに 0.201 を用いる必要がある。

レビッチ式は多くの用途に十分であるが、より多くの項を用いて導出されたより進んだ形式も存在する[1][2]

出典[編集]

  1. ^ John Newman, J. Phys.Newman, John (1966). “Schmidt Number Correction for the Rotating Disk”. The Journal of Physical Chemistry 70 (4): 1327–1328. doi:10.1021/j100876a509. https://doi.org/10.1021/j100876a509. 
  2. ^ Bard, Allen J.; Larry R. Faulkner (2000-12-18). Electrochemical Methods: Fundamentals and Applications (2 ed.). Wiley. p. 339. ISBN 0-471-04372-9. 

外部リンク[編集]