レトロゾール

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
レトロゾール
Letrozole.svg
Letrozol3D.png
IUPAC命名法による物質名
臨床データ
販売名 フェマーラ
Drugs.com monograph
MedlinePlus a698004
ライセンス US FDA:リンク
胎児危険度分類
  • US: D
法的規制
投与方法 経口投与
薬物動態データ
生物学的利用能 99.9%
血漿タンパク結合 60%, おもにアルブミンに結合
代謝 pharmacologically-inactive carbinol metabolite (4,4΄-methanol-bisbenzonitrile)[1]
半減期 2日[1]
排泄 腎臓[1]
識別
CAS番号
112809-51-5 チェック
ATCコード L02BG04 (WHO)
PubChem CID: 3902
DrugBank APRD01066 ×
ChemSpider 3765 チェック
UNII 7LKK855W8I チェック
KEGG D00964  チェック
ChEBI CHEBI:6413 チェック
ChEMBL CHEMBL1444 チェック
化学的データ
化学式 C17H11N5
分子量 285.303 g/mol

レトロゾール(英: letrozole)は乳癌の治療で用いられるアロマターゼ阻害薬の一種であり、アロマターゼから作られるエストロゲンの産生を抑えることによってホルモン依存性の腫瘍を抑える効果が期待される。開発名はCGS 20267で、フェマーラという商品名で販売されている。

作用[編集]

閉経前の女性は主として卵巣においてエストロゲンが作られるが、閉経後は専ら副腎で作られるアンドロゲンアロマターゼエストロゲンに変換することで産生される。レトロゾールは、アロマターゼを阻害することで閉経後のエストロゲン依存性の乳癌に対して効果を発揮する。閉経後の早期乳癌女性患者に対する術後補助療法において、エストロゲン拮抗薬であるタモキシフェンとの比較試験を行ったところ、レトロゾールの方が有意に再発を防ぐことがわかっている[2]

副作用[編集]

レトロゾールの副作用はエストロゲンの減少によるものが中心となる。

など。

代謝[編集]

レトロゾールは主としてCYP3A4またはCYP2A6によって代謝を受け、グルクロン酸抱合を受けたのち、主に腎臓から排泄される。特にCYP2A6がその代謝で主要な役割を担っているとされ、この多型が問題となる[3]

外部リンク[編集]

参考文献[編集]

出典[編集]

  1. ^ a b c 003330 Letrozole Archived 2013年1月4日, at Archive.is
  2. ^ The Breast International Group (BIG) 1-98 Collaborative Group (2005年12月29日). “A Comparison of Letrozole and Tamoxifen in Postmenopausal Women with Early Breast Cancer”. New England Journal of Medicine 353: 2747-2757. PMID 16382061. http://www.nejm.org/doi/full/10.1056/NEJMoa052258#t=letters. 
  3. ^ Desta Z, Kreutz Y, Nguyen AT, Li L, Skaar T, Kamdem LK, Henry NL, Hayes DF, Storniolo AM, Stearns V, Hoffmann E, Tyndale RF, Flockhart DA. (November 2011). “Plasma letrozole concentrations in postmenopausal women with breast cancer are associated with CYP2A6 genetic variants, body mass index, and age.”. Clinical Pharmacology & Therapeutics 90: 693-700. doi:10.1038/clpt.2011.174. PMID 21975350.