レオポルド・ロベルト・マルコフスキー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
レオ Football pictogram.svg
名前
本名 レオポルド・ロベルト・マルコフスキー
Leopoldo Roberto Markovsky
カタカナ レオ
ラテン文字 Léo
基本情報
国籍 ブラジルの旗 ブラジル
生年月日 1983年8月29日(33歳)
出身地 サンパウロ州の旗 サンパウロ州サンパウロ
身長 183cm
選手情報
在籍チーム 無所属
ポジション FW
ユース
ブラジルの旗 パルメイラス
クラブ1
クラブ 出場 (得点)
2000-2002 ブラジルの旗 パルメイラス 34 (7)
2002 日本の旗 横浜F・マリノス (loan) 0 (0)
2004-2005 ブラジルの旗 ロンドリーナ (loan) 22 (9)
2007 ブラジルの旗 ジュベントス-SP 7 (1)
2007-2008 ブラジルの旗 CRB 35 (26)
2008 ブラジルの旗 ブラガンチーノ 12 (4)
2008-2009 ポーランドの旗 グールニク・ザブジェ 15 (6)
2009-2010 韓国の旗 大邱FC 35 (9)
2011-2012 ブラジルの旗 ヴォウタ・レドンダ 21 (10)
2012 チュニジアの旗 エトワール・サヘル 0 (0)
2014 タイ王国の旗 パタヤ・ユナイテッド 0 (0)
1. 国内リーグ戦に限る。
■テンプレート■ノート ■解説■サッカー選手pj

レオ(Léo)ことレオポルド・ロベルト・マルコフスキー(Leopoldo Roberto Markovsky、1983年8月29日 - )は、ブラジルサンパウロ出身のプロサッカー選手

経歴[編集]

SEパルメイラスでキャリアをスタート。2002年にはレンタルで横浜F・マリノスに加入したが、出場機会はなく7月に退団[1]。2004年、2年間の期限付きでロンドリーナECに移籍。パルメイラス復帰後は2006年シーズンいっぱいまでプレー。2007年春、同じサンパウロに拠点を置くCAジュベントスに移籍。しかし半年で退団すると今度はクルーベ・ジ・レガタス・ブラジルに移籍。2008年にはやはりサンパウロに拠点を置くCAブラガンチーノに移籍。6月にはポーランドリーグ2部のグールニク・ザブジェのトライアルに参加し、7月に正式に加入[2]

しかしチームになじめず8試合終了後に契約を解除。2009年7月、韓国の大邱FCに加入[3]。大邱FCではチームの中核としてプレーしクラブの上位進出に大きく貢献した。大邱FCとの契約が切れた2011年2月に母国のヴォウタ・レドンダFCポルトガル語版に加入。2012年1月、チュニジアのエトワール・サヘルに加入。

所属クラブ[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 選手出場記録”. Jリーグ (2002年8月17日). 2016年4月8日閲覧。
  2. ^ “Leopoldo Roberto Markovsky piłkarzem Górnika” (Polish). 90minut.pl. http://www.90minut.pl/news.php?id=746319 2009年9月20日閲覧。 
  3. ^ “대구FC 브라질 공격수 레오 영입” (Korean). Daegu FC. http://www.daegufc.co.kr/html/magazine/press.asp?bmode=content&uid=1498 2009年9月20日閲覧。 

関連項目[編集]