レオポルド・ロベルト・マルコフスキー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
レオ Football pictogram.svg
名前
本名 レオポルド・ロベルト・マルコフスキー
Leopoldo Roberto Markovsky
ラテン文字 LÉO
基本情報
国籍 ブラジルの旗 ブラジル
生年月日 (1983-08-29) 1983年8月29日(33歳)
出身地 サンパウロ州の旗 サンパウロ州サンパウロ
身長 183cm
選手情報
在籍チーム 無所属
ポジション FW
ユース
ブラジルの旗 パルメイラス
クラブ1
クラブ 出場 (得点)
2000-2002 ブラジルの旗 パルメイラス 34 (7)
2002 日本の旗 横浜F・マリノス (loan) 0 (0)
2004-2005 ブラジルの旗 ロンドリーナ (loan) 22 (9)
2007 ブラジルの旗 ジュベントス-SP 7 (1)
2007-2008 ブラジルの旗 CRB 35 (26)
2008 ブラジルの旗 ブラガンチーノ 12 (4)
2008-2009 ポーランドの旗 グールニク・ザブジェ 15 (6)
2009-2010 韓国の旗 大邱FC 35 (9)
2011-2012 ブラジルの旗 ヴォルタ・レドンダ 21 (10)
2012 チュニジアの旗 エトワール・サヘル 0 (0)
2014 タイ王国の旗 パタヤ・ユナイテッド 0 (0)
1. 国内リーグ戦に限る。
■テンプレート■ノート ■解説■サッカー選手pj

レオ (Léo) こと、レオポルド・ロベルト・マルコフスキー(Leopoldo Roberto Markovsky, 1983年8月29日 - )は、ブラジルサンパウロ出身のプロサッカー選手

経歴[編集]

SEパルメイラスでキャリアをスタート。2002年にはレンタルで横浜F・マリノスに加入したが、出場機会はなく7月に退団[1]。2004年、2年間の期限付きでロンドリーナECに移籍。パルメイラス復帰後は2006年シーズンいっぱいまでプレー。2007年春、同じサンパウロに拠点を置くCAジュベントスに移籍。しかし半年で退団すると今度はクルーベ・ジ・レガタス・ブラジルに移籍。2008年にはやはりサンパウロに拠点を置くCAブラガンチーノに移籍。6月にはポーランドリーグ2部のグールニク・ザブジェのトライアルに参加し、7月に正式に加入[2]

しかしチームになじめず8試合終了後に契約を解除。2009年7月、韓国の大邱FCに加入[3]。大邱FCではチームの中核としてプレーしクラブの上位進出に大きく貢献した。大邱FCとの契約が切れた2011年2月に母国のヴォルタ・レドンダFCに加入。2012年1月、チュニジアのエトワール・サヘルに加入。

所属クラブ[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 選手出場記録”. Jリーグ (2002年8月17日). 2016年4月8日閲覧。
  2. ^ “Leopoldo Roberto Markovsky piłkarzem Górnika” (Polish). 90minut.pl. http://www.90minut.pl/news.php?id=746319 2009年9月20日閲覧。 
  3. ^ “대구FC 브라질 공격수 레오 영입” (Korean). Daegu FC. http://www.daegufc.co.kr/html/magazine/press.asp?bmode=content&uid=1498 2009年9月20日閲覧。 

関連項目[編集]