レイン - ビートルズに捧ぐ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

レイン - ビートルズに捧ぐ(RAIN – A Tribute to The Beatles)はビートルズトリビュートショーであり、ブロードウェイのミュージカル『ビートルマニア』から派生した作品である。2010年10月から2011年7月までニューヨークブルックス・アトキンソン劇場で300公演(他にプレビュー公演8公演)行われた。また近年では全国ツアーでも成功している。[1]

経歴[編集]

1970年代、アメリカ合衆国西海岸カリフォルニア州のクラブで『レイン(Reign)』という名でビートルズの曲を演奏していた。初期のショーは現在のショーとの類似点はない(キーボード奏者のマーク・ルイスを除く)。間もなくReignはより耳なじみのよいReinと名を変える。初期の頃のメンバーはオレンジ郡出身のエディ・ラインベリー(ジョン・レノン役)、チャック・コフィ(ポール。マッカートニー役)、ウィリアム(ビル)コニアニー(ジョージ・ハリスン役)、ディック・クラークの1979年の映画『Birth of The Beatles』にスカウトされたグラント・ベロッティがいる。クラークの目的は、可能な限りバンドを本物のビートルズに近づけることだった。その間、オリジナル曲のアセテート盤を売り出そうとしたこともある。1980年から1982年頃、ディズニーランドトゥモローランド・テラスに出演していた。この時点ではただ単にビートルズの曲を演奏していたに過ぎず、まだブロードウェイの『ビートルマニア』との接点はなかった。しかし1982年、『ビートルマニア』の公演が近くで行われ、『ビートルマニア』の出演者が参加し始め、最終的に『レイン(現在公式にブロードウェイの『ビートルマニア』の派生となった)』の出演者はジョーイ・キュラトロ(ポール・マッカートニー役)、ラルフ・キャステリ(リンゴ・スター役)、マーク・ルイス(舞台演奏者)、ジョー・ビルトーン(ジョージ・ハリスン役)、ランディ・クラーク(ジョン・レノン役)となった。その後ランディ・クラークが離脱しデイヴィッド・レオンがジョンの役をするようになった。1年も経たないうちにレノン役にジム・リドルを起用しデイヴィッド・レオンが離脱したが、ジム・リドルは1997年に亡くなったため『ビートルマニア』でルームメイトだったスティーヴ・ランデスが採用された。

出演者[編集]

現在[編集]

『レイン』のツアーは満席で、この種の公演としては最高の興行収益を上げている。2007年、全国ツアーのプロモーションのため初めてテレビに出演した。ヨーロッパ・ツアーでの成功の後、新たに北米ツアーを敢行した。現在の『レイン』の出演者はジョーイ・キュラトロ、ロバート"マック"ラフィング、ラルフ・キャステリ、[2]ジョー・ボローニャ、ダグ・コックス、ジョー・ビソーン、トム・ティーリー、ジミー・ポウ、スティーヴ・ランデス、デイヴィッド・レオン、ジム・イリザリー、マーク・ルイス、マーク・ベイヤー、クリス・スモールウッドである。出演者は公演によって組み合わせが異なる。

2008年、ポールスターはツアー公演のチケット売り上げ、バンド、公演を考慮して1年間で最高の公演上位20位の中で17位に格付けした。

2010年10月19日、2011年1月15日までの12週間限定でニール・サイモン劇場でブロードウェイ公演を行ったが、その人気によりその後2011年2月8日までブルックス・アトキンソン劇場で追加公演が行われた。[3]

日本公演[編集]

2012年11月23日から28日、東急シアターオーブにて来日公演が行われる予定である。

外部リンク[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ RAIN - A TRIBUTE TO THE BEATLES | Welcome to RAIN – A Tribute to The Beatles
  2. ^ Music, Birds and Cereal - Features, Interviews,News and Reviews of Albums, Concerts, Songs: Interview | Ralph Castelli (Ringo) of Rain: A Tribute to The Beatles
  3. ^ Musical Chairs - ROCK OF AGES to Move to Helen Hayes; RAIN to Brooks Atkinson