レイナルド・メルロ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
レイナルド・メルロ Football pictogram.svg
名前
本名 レイナルド・カルロス・メルロ
Reinaldo Carlos Merlo
愛称 Mostaza
(モスターサ, からし)[注釈 1][1]
ラテン文字 Reinaldo MERLO
基本情報
国籍 アルゼンチンの旗 アルゼンチン
生年月日 (1950-05-20) 1950年5月20日(67歳)
出身地 ブエノスアイレス
選手情報
ポジション MF
クラブ1
クラブ 出場 (得点)
1969-1984 アルゼンチンの旗 リーベル・プレート 526 (11)
監督歴
1986-1987 アルゼンチンの旗 ロス・アンデス
1989-1990 アルゼンチンの旗 リーベル・プレート
1991 アルゼンチンの旗 アルゼンチン U-20
1993 アルゼンチンの旗 アルゼンチン U-17
1995 ボリビアの旗 ボリバル
1998 チリの旗 デポルテス・テムコ
1998-1999 アルゼンチンの旗 チャカリタ・ジュニアーズ
1999 コロンビアの旗 アトレティコ・ナシオナル
2000 アルゼンチンの旗 ベルグラーノ
2001-2002 アルゼンチンの旗 ラシン・クラブ
2004-2005 アルゼンチンの旗 エストゥディアンテス
2005-2006 アルゼンチンの旗 リーベル・プレート
2006-2007 アルゼンチンの旗 ラシン・クラブ
2008 エクアドルの旗 バルセロナ
2009 アルゼンチンの旗 ロサリオ・セントラル
2013 アルゼンチンの旗 ドウグラス・アイグ
2013-2014 アルゼンチンの旗 ラシン・クラブ
1. 国内リーグ戦に限る。
■テンプレート■ノート ■解説■サッカー選手pj

レイナルド・カルロス・メルロReinaldo Carlos Merlo, 1950年5月20日 - )は、アルゼンチンブエノスアイレス出身の元サッカー選手、現サッカー指導者。現役時代のポジションは守備的ミッドフィールダー

経歴[編集]

選手[編集]

1969年にCAリーベル・プレートからデビューして以来、1984年に現役引退するまで全ての期間をリーベル・プレートに捧げた。1975年から1981年までリーベル・プレートを率いたアンヘル・ラブルナ監督の下では7度のリーグタイトルを獲得し、その後はフアン・ホセ・ロペス監督、ノルベルト・アロンソ監督の下でもプレーした。ゴールキーパーのウバルド・フィジョール、ディフェンダーのダニエル・パサレラらとともに、守備的ミッドフィールダーとしてプレーしたメルロはチームの屋台骨であった。選手生活の晩年には新進気鋭のネストル・ゴロシートの良き助言者となった。同じポジションだったアメリコ・ガジェゴやゴロシートは後に指導者として成功し、メルロと対戦する機会があった。リーベル・プレートでは500試合以上に出場し、ボカ・ジュニアーズとのスーペルクラシコでは史上最多の42試合に出場した。

指導者[編集]

現役引退後には指導者養成学校の入学試験に向けて勉強し、続いていくつかの小規模なクラブを指揮した。1989年にはアロンソとともに古巣リーベル・プレートの共同監督に就任したが、シーズン中盤にパサレラの監督就任を公約とする新会長が就任すると、メルロとアロンソのふたりは解任された。その後は世代別アルゼンチン代表監督を務め、ボリビアのクラブ・ボリバルチリデポルテス・テムコスペイン語版などアルゼンチン国外でも采配を振るった。1999年、シーズン途中にコロンビアのアトレティコ・ナシオナル監督に就任し、カテゴリア・プリメーラAで優勝するなど成功を収めたが、メルロが執った戦術は不評であり、辞任に追い込まれた。2000年にはアルゼンチンの五大クラブのひとつであるラシン・クラブ監督に就任し、アペルトゥーラ2001では35年ぶりとなるリーグ優勝を果たした[2]

2004年にエストゥディアンテス・デ・ラ・プラタカルロス・ビラルド監督が退任すると、メルロが後任監督に就任したが、アペルトゥーラ2004とクラウスーラ2005ではプリメーラB・ナシオナル(2部)降格の危機にさらされた。エストゥディアンテスはプロデビュー戦(1969年)の相手であり、自身最高のゴールを決めた相手でもある縁が深いクラブであったが、2005年8月にはエストゥディアンテス監督を辞任した。その数週間後にはリーベル・プレートのレオナルド・アストラーダ監督が辞任してメルロが後任監督に就任した。アペルトゥーラ2005は冴えないシーズンとなって優勝争いに絡めず、2006年1月9日にリーベル・プレート監督を辞任してパサレラに引き継いだ。プレシーズン途中に辞任を決めたことは議論の対象となり、マルセロ・ガジャルドは「私もチームメイトも『彼のプロジェクト』とやらに賛同しない」と発言してメルロの突然の辞職を非難した[3]。その後就任したラシン・クラブやエクアドルのバルセロナSCでは成功できなかった[4][5]。2009年にはCAロサリオ・セントラルの監督に就任したが、選手のエセキエル・ゴンサレスとの間の個人的な問題により、わずか5試合を指揮(3勝1分1敗)しただけで4月15日にクラブを離れた[6]

タイトル[編集]

選手[編集]

CAリーベル・プレート

指導者[編集]

アトレティコ・ナシオナル
ラシン・クラブ

脚注[編集]

注釈[編集]

  1. ^ 黄色がかったブロンドの髪であったことから

脚注[編集]

  1. ^ Mostaza Merlo: ¿De héroe a villano? Notas de Fútbol 2007年3月2日(スペイン語)
  2. ^ Racing 2001 El Grafico、2001年12月27日
  3. ^ アーカイブされたコピー”. 2007年9月28日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2007年8月2日閲覧。 El Siglo(スペイン語)
  4. ^ Merlo fue presentado como técnico del Barcelona de Ecuador Clarín, 2008年6月14日(スペイン語)
  5. ^ Merlo dejó de ser el DT de Barcelona de Guayaquil MDZ online、2008年12月9日(スペイン語)
  6. ^ Miguel Angel Russo llegó a Rosario Central y Diego Simeone lo reemplazará en San Lorenzo(スペイン語)

関連項目[編集]

外部リンク[編集]