ルートヴィヒ・トゥイレ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
ルートヴィヒ・ヴィルヘルム・アンドレアス・マリア・トゥイレ
LudwigThuille.jpg
基本情報
生誕 (1861-11-30) 1861年11月30日
出身地 オーストリア帝国の旗 オーストリア帝国ボルツァーノ
死没 (1907-02-05) 1907年2月5日(45歳没)
ドイツの旗 ドイツ帝国
バイエルン王国の旗 バイエルン王国ミュンヘン
ジャンル クラシック音楽
職業 音楽教育家・作曲家

ルートヴィヒ・ヴィルヘルム・アンドレアス・マリア・トゥイレLudwig Wilhelm Andreas Maria Thuille [ˈtui̯lə], 1861年11月30日 南部チロルボルツァーノ - 1907年2月5日 ミュンヘン)は、オーストリア出身のドイツの音楽教育家・作曲家。テュイレの表記もあるが、本来はフランス系のユグノーの家系でテュイユと読む。ブラウンフェルスシリングスらと共に、若き日のR.シュトラウスプフィッツナーもその一員とされた「ミュンヘン楽派」の代表者とされる[1]

経歴[編集]

幼児期に両親を喪い、おじを頼ってオーストリアに出る。インスブルックで学問を修め、1877年に終世の友リヒャルト・シュトラウスと知り合う。その後ミュンヘンヨーゼフ・ラインベルガーらに作曲を師事。その後ミュンヘン音楽アカデミー(現ミュンヘン音楽・演劇大学)の楽理科ならびに作曲科の教授に就任し、数多くの門弟を育成した。主要な門人に、ヘンリー・ハドリーリヒャルト・ヴェッツフランツ・ミコライ、ヴァルター・クルヴォワジエール、ヘルマン・アーベントロートユリウス・ヴァイスマンヴァルター・ブラウンフェルス、エルンスト・ベーエ、エルネスト・ブロッホクラウス・プリングスハイムらがいる。

1907年ミュンヘン心不全のため45歳で没した。死後出版された音楽理論書『和声学』(Harmonielehre, ルードルフ・ルイスドイツ語版との共著、日本語版は山根銀二渡鏡子の共訳による。ASIN B000JB6XM4)は多くの版を重ね、非常に影響力があった。

トゥイレは室内楽に献身した多作な作曲家であり、こんにちではピアノと管楽器のための《六重奏曲》作品6(1886年 - 1888年)や《チェロ・ソナタ》作品22の作曲家として辛うじて知られているにすぎないが、《交響曲ヘ長調》や《ピアノ協奏曲》のような大作のほか、数々のリートや、3つのオペラも作曲している。このうち最初の《トイアーダンク》(Theuerdank, 1897年完成)[2]は、1897年に、バイエルン王国摂政王子主催のオペラ作曲コンクールにおいて、ツェムリンスキー作曲の《ザレマ》を抑えて首席に輝いた。2作目の《愛の舞踊》(Lobetanz)は1898年カールスルーエにて初演され、かなり成功した。最後のオペラは、1901年の《Gugeline》である。リヒャルト・シュトラウスとの親交や楽劇への献身にもかかわらず、トゥイレはかなり保守的な作曲家のままであり続けた。

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 長木誠司著 『前衛音楽の漂流者たち』 筑摩書房、1993年、13頁。ISBN 4-480-87231-0
  2. ^ 同名の神聖ローマ皇帝マクシミリアン1世による自伝的英雄寓話を原作としている。

メディア[編集]

外部リンク[編集]