ルドルフ2世 (オーストリア公)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
ルドルフ2世
Rudolf II.
オーストリア公
シュタイアーマルク
König Rudolf I. mit Agnes von Böhmen.jpg
ルドルフ2世とアグネス・フォン・ベーメンの結婚
在位 1282年12月25日 - 1283年6月1日

出生 1270年
シュヴァーベン公国、ラインフェルデン
死去 1290年5月10日
Flag of Bohemia.svg ボヘミア王国プラハ
埋葬 Flag of Bohemia.svg ボヘミア王国聖ヴィート大聖堂
配偶者 アグネス・フォン・ベーメン
子女 ヨハン
家名 ハプスブルク家
父親 ローマ王ルドルフ1世
母親 ゲルトルート・フォン・ホーエンベルク
テンプレートを表示

ルドルフ2世(Rudolf II., 1270年 - 1290年5月10日)は、ローマ王ルドルフ1世の息子でアルブレヒト1世の弟。一時オーストリア公およびシュタイアーマルク公位を授けられ、兄アルブレヒトの名目上の共同統治者であった(在位:1282年 - 1283年)。

生涯[編集]

1282年クリスマスに、父ルドルフ1世より兄アルブレヒトとともにオーストリア、シュタイアーマルクおよびクラインの共同統治者とされた。しかしオーストリアにおける共同統治は異例のことであったため、翌1283年6月1日、「ラインフェルデンの契約」により兄アルブレヒトが単独でこれらを支配することとなり、ルドルフは領土もしくは金銭によりその補償を受けることになった[1]

1289年ボヘミアオタカル2世の娘アグネス(1269年 - 1296年)と結婚し、子のヨハンをもうけたが、その誕生と前後して早世した。そのヨハンは18年後の1308年に伯父アルブレヒト1世を殺害し、ヨハン・パリツィーダ(parricida(パリチーダとも)は尊属殺の意味)と呼ばれた。ヨハンの犯行の原因は「ラインフェルデンの契約」において決められていた賠償の不履行にあった[2]

脚注[編集]

  1. ^ ツェルナー、p. 155
  2. ^ ツェルナー、p. 160

参考文献[編集]

  • エーリヒ・ツェルナー 『オーストリア史』 彩流社、2000年
先代:
ルドルフ1世
オーストリア公
シュタイアーマルク公
1282年 - 1283年
アルブレヒト1世と共同統治
次代:
アルブレヒト1世
(単独統治)