ヨーハン・パリツィーダ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
1308年5月1日に行われたアルブレヒト1世の暗殺

ヨーハン・パリツィーダドイツ語: Johann Parricida1290年[1] - ?)は、ハプスブルク家の成員。名前の「パリツィーダ(Parricida)」は「肉親殺し」を意味する[2]

オーストリア大公ルドルフ2世プシェミスル家出身の王女アグネスの子で、父方の祖父に神聖ローマ帝国の君主(ドイツ王(ローマ王)ルドルフ1世、母方の祖父にボヘミア王オタカル2世を持つ。1308年、伯父であるドイツ王アルブレヒト1世暗殺した。

生涯[編集]

ヨーハンの祖父ルドルフ1世はオーストリアをハプスブルク家の家領とすることに成功し、1282年に息子のルドルフ2世とアルブレヒト1世をオーストリアの共同統治者とした。1283年ラインフェルデンの契約英語版で兄のアルブレヒト1世が単独のオーストリア大公とされ、ルドルフ2世と彼の後継者には代償として金銭もしくは土地の引き渡しが約束された[3]。  ルドルフ2世が没する1290年前後にヨーハンは誕生し、ボヘミアの宮廷で幼少期を過ごした[1]。ヨーハンは15歳に達するまで伯父アルブレヒト1世の下で養育され、ラインフェルデンの契約でルドルフ2世が継承する財産はアルブレヒトの管理下に置かれた。15歳に達したヨーハンは、アルブレヒトに父の財産の返還を何度も願い出たが、遺産は返還されなかった。

ヨーハンは伯父の約束の不履行を恨み、仲間と共にアルブレヒト1世の暗殺を計画する。1308年5月1日に計画は決行され、ロイス川を渡るアルブレヒトが従者たちと離れたとき、ヨーハンたちはアルブレヒトを襲撃する。最初にヨーハンが一太刀を浴びせ、次いで4人の共謀者たちがアルブレヒトを斬りつけ、アルブレヒトは絶命した[4]。アルブレヒトの妻エリーザベトと2人の娘アンナとアグネスは、暗殺犯たちに厳しい追及を加えた[2]。追及は暗殺犯の家族にもおよび、家族の多くがエリーザベトらによって処刑されたと伝えられている[5]。ヨーハンはアルプス山中に逃げ込み、行方をくらました[6]。その後の行方は定かではないが、後年にピサの僧院でヨーハンが発見された伝説が残る[6]。ヨーハンはピサで神聖ローマ皇帝ハインリヒ7世の監視下に置かれ、ハインリヒ7世から訪問を受けたと伝えられている[1]

ヨーハンが暗殺を決行した5月1日は、ハプスブルク史上で「暗黒の日」と呼ばれている[7]。ハプスブルク家では「ヨーハン」の名前は忌み嫌われ[2]15世紀に入るまでハプスブルク家の成員に「ヨーハン」の名前が付けられることはなかった[4]

脚注[編集]

  1. ^ a b c 1911 Encyclopædia Britannica/John of Swabia(2014年1月閲覧)
  2. ^ a b c 江村『ハプスブルク家史話』、13頁
  3. ^ ツェルナー『オーストリア史』、155頁
  4. ^ a b ウィートクロフツ『ハプスブルク家の皇帝たち』、53頁
  5. ^ ウィートクロフツ『ハプスブルク家の皇帝たち』、54頁
  6. ^ a b 江村『ハプスブルク家史話』、14頁
  7. ^ 江村『ハプスブルク家史話』、12-13頁

参考文献[編集]

  • 江村洋『ハプスブルク家史話』(東洋書林、2004年7月)
  • エーリヒ・ツェルナー『オーストリア史』(リンツビヒラ裕美訳、彩流社、2000年5月)
  • アンドリュー・ウィートクロフツ『ハプスブルク家の皇帝たち』(瀬原義生訳、文理閣、2009年7月)
  •  この記事にはアメリカ合衆国内で著作権が消滅した次の百科事典本文を含む: Chisholm, Hugh, ed (1911). Encyclopædia Britannica (11 ed.). Cambridge University Press. 

関連項目[編集]