ルドリュ=ロラン駅

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ルドリュ=ロラン駅
駅構内(2005年5月)
駅構内(2005年5月)
Ledru-Rollin
所在地 フランスの旗 パリ 11区12区 ( 地図 )
所属事業者 パリ交通公団(RATP)
駅構造 地下駅
開業年月日 1931年5月5日
乗入路線 1 路線
所属路線 パリメトロ8号線

ルドリュ=ロラン駅( - えき、Ledru-Rollin)は、パリメトロ8号線の駅。

駅名は、駅のあるルドリュ=ロラン大通りにちなむ。 大通りの名の由来となったアレクサンドル・ルドリュ=ロラン(Alexandre Ledru-RollinあるいはAlexandre Auguste Ledru[1807-1874])は、弁護士で、7月王政下で共和的民主勢力の指導者となり、新聞「ラ・レフォルム」(La Réforme/改革)を創刊したほか、第二共和政で内務大臣となった政治家。

駅付近の名所[編集]

  • アリーグル市場