ルイ・マリー・グリニョン・ド・モンフォール

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
聖ルイ・マリー・グリニョン・ド・モンフォール
Saint Louis de Montfort
古典聖母神学者、 司祭、宣教師、
生誕 1673年1月31日
モンフォール・シュル・ム(Montfort-sur-Meu), フランス
死没 1716年4月28日(満43歳没)
サン・ローラン・シュル・セーヴル(Saint-Laurent-sur-Sèvre)
崇敬する教派 カトリック教会
列福日 1888年
列福決定者 教皇レオ13世
列聖日 1947年
列聖決定者 教皇ピウス12世
記念日 4月28日

ルイ・マリー・グリニョン・ド・モンフォール(フランス語Louis-Marie Grignion de Montfort)とは、フランスのローマ・カトリック教会司祭であり、聴罪司祭である。彼はその時代に説教師として知られ、教皇クレメンス11世により、宣教師となった。

モンフォールは説教をするだけでなく、時間を見つけては、たくさんの本を書いている。それはカトリックの古典書となり、幾人かの教皇に影響を与えた。モンフォールは特に聖母マリアに深い崇敬をしていたこととロザリオの祈りの実践で知られている。

モンフォールは、聖母神学分野での初期の著作家の一人として考えられている。聖母マリアへの祈祷に関する彼のもっとも著名な作品は「聖母の秘密(Secret of Mary)」や「まことの聖母のへの崇敬(True Devotion to Mary)」に収録されている。

モンフォールは教皇ピウス12世によって1947年7月20日列聖された。[1] 刻像は、ジャコモ・パリにより作成され、サン・ピエトロ大聖堂に設置されている。

脚注[編集]