ルイ・プザン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
ルイ・プザン
M. Louis POUZIN 2013.jpg
Louis Pouzin
生誕 Louis Pouzin
(1931-04-21) 1931年4月21日(89歳)
フランスの旗 フランスニエーヴル県シャントネ=サン=タンベール英語版
居住 フランスの旗 フランス
国籍 フランスの旗 フランス
研究分野 計算機科学
出身校 エコール・ポリテクニーク
主な業績 データグラム
主な受賞歴 レジオンドヌール勲章シュヴァリエ(2003)
エリザベス女王工学賞(2013)
プロジェクト:人物伝
テンプレートを表示

ルイ・プザン(Louis Pouzin、1931年4月21日 - )は、フランス計算機科学者である。データグラムという概念を考案し、初期のパケット通信ネットワークであるCYCLADESを設計した[1][2][3]

彼の成果はロバート・カーンヴィントン・サーフらに影響を与え、現在インターネットで使用されているTCP/IPプロトコルの開発の基礎となった[3][4]

生涯[編集]

フランスニエーヴル県シャントネ=サン=タンベール英語版で生まれた。1950年から1952年までエコール・ポリテクニークで学んだ。

プザンはCTSS(Compatible Time-Sharing System)の設計に参加し、1963-64年頃にRUNCOMと呼ばれるプログラムを書いた。RUNCOMはフォルダ内に格納されたコマンドの実行を可能にしたプログラムで、コマンドラインインタフェースシェルスクリプトの祖先とも言える。実のところプザンは1964年か65年にコマンドライン言語を「シェル(shell)」と名付けた当人だという[5]。プザンのコンセプトは、後にマサチューセッツ工科大学グレンダ・シュローダー英語版によってMulticsに実装された[6]。シュローダーのMulticsシェルはUnixシェルの前身であり、それは今日でも使用されている。

1967年から1969年まで、フランス気象局のためのCDC6400英語版を使用したオペレーティングシステムを開発した。このシステムは天気予報と統計のために作られたもので、15年間使用された[7]

1971年から6年間、先駆的なネットワークプロジェクトであるCYCLADESを指揮した。ドナルド・ワッツ・デービスによるデータグラムネットワークのシミュレーションを基に、プザンはCIGALEパケット交換ネットワークを構築した。CYCLADESでは、インターネットワーキングの概念の研究のために、後のインターネットと同様の階層化アーキテクチャを使用した[8][9][10]

彼は、1972年に発足しヴィントン・サーフが議長を務めていたInternational Networking Working Group英語版(INWG)に参加していた[11][12]ボブ・カーンとサーフが1974年に発表したインターネットワーキングのプロトコルに関する論文"A Protocol for Packet Network Intercommunication"(パケットネットワーク相互通信のためのプロトコル)の中で、プザンの成果について触れている[13]

2002年、プザンは、Jean-Louis Grangé、Jean-Pierre Henninot、Jean-François Morfinと共に、ドメイン名多言語化を推進する非営利団体であるユーロリンク(Eurolinc)の設立に参加した。2003年6月、ユーロリンクは世界情報社会サミット(WSIS)に参加した[14]

2011年11月、Chantal Lebrument、Quentin Perrigueurと共に、オルタネートルートを運営する組織Savoir-Faireを設立した[15][16]

2012年には、ICANNから独立した、すべての文字によるトップレベルドメイン(TLD)を販売することに特化したOpen-Rootというサービスを開発した[17]

受賞歴[編集]

脚注[編集]

  1. ^ “The internet’s fifth man”. Economist. (2013年12月13日). https://www.economist.com/news/technology-quarterly/21590765-louis-pouzin-helped-create-internet-now-he-campaigning-ensure-its 2017年9月11日閲覧. "In the early 1970s Mr Pouzin created an innovative data network that linked locations in France, Italy and Britain. Its simplicity and efficiency pointed the way to a network that could connect not just dozens of machines, but millions of them. It captured the imagination of Dr Cerf and Dr Kahn, who included aspects of its design in the protocols that now power the internet." 
  2. ^ “Say Bonjour to the Internet’s Long-Lost French Uncle”. Wired. (2013年1月3日). https://www.wired.com/2013/01/louis_pouzin_internet_hall/ 2017年9月11日閲覧。 
  3. ^ a b "Postel and Pouzin: 1997 SIGCOMM Award Winners", ACM SIGCOMM web site
  4. ^ Soyez Fabien, Lebrument Chantal (2020). The Inventions of Louis Pouzin - One of the Fathers of the Internet. Berlin: Springer. ISBN 978-3-030-34836-6 
  5. ^ “The Internet's fifth man”, The Economist (London: Economist Group), (December 13, 2013), https://www.economist.com/news/technology-quarterly/21590765-louis-pouzin-helped-create-internet-now-he-campaigning-ensure-its, "Mr Pouzin created a program called RUNCOM that helped users automate tedious and repetitive commands. That program, which he described as a “shell” around the computer’s whirring innards, gave inspiration—and a name—to an entire class of software tools, called command-line shells, that still lurk below the surface of modern operating systems." 
  6. ^ "The Origin of the Shell", Multicians, accessed 31 March 2012.
  7. ^ Grangé, J. L. (2012). Oral history interview with Jean-Louis Grangé by Andrew L. Russell.
  8. ^ Abbate, Janet (2000) (英語). Inventing the Internet. MIT Press. pp. 125. ISBN 978-0-262-51115-5. https://books.google.co.uk/books?id=E2BdY6WQo4AC&pg=PA125&hl=en&sa=X&ved=0ahUKEwiu6NPK6sTnAhUWUxUIHTSlCZgQ6AEIMDAB#v=onepage&q&f=false 
  9. ^ Pelkey, James. “6.3 CYCLADES Network and Louis Pouzin 1971–1972”. Entrepreneurial Capitalism and Innovation: A History of Computer Communications 1968–1988. http://www.historyofcomputercommunications.info/Book/6/6.3-CYCLADESNetworkLouisPouzin1-72.html 
  10. ^ C. Hempstead; W. Worthington (2005). Encyclopedia of 20th-Century Technology. Routledge. ISBN 9781135455514. https://books.google.com/?id=2ZCNAgAAQBAJ&pg=PA574#v=onepage&q&f=false 
  11. ^ Andrew L. Russell (30 July 2013). “OSI: The Internet That Wasn't”. IEEE Spectrum 50 (8). https://spectrum.ieee.org/computing/networks/osi-the-internet-that-wasnt. 
  12. ^ Cerf, V.; Kahn, R. (1974). “A Protocol for Packet Network Intercommunication”. IEEE Transactions on Communications 22 (5): 637–648. doi:10.1109/TCOM.1974.1092259. ISSN 1558-0857. https://www.cs.princeton.edu/courses/archive/fall06/cos561/papers/cerf74.pdf. "The authors wish to thank a number of colleagues for helpful comments during early discussions of international network protocols, especially R. Metcalfe, R. Scantlebury, D. Walden, and H. Zimmerman; D. Davies and L. Pouzin who constructively commented on the fragmentation and accounting issues; and S. Crocker who commented on the creation and destruction of associations." 
  13. ^ Cerf, V.; Kahn, R. (1974). “A Protocol for Packet Network Intercommunication”. IEEE Transactions on Communications 22 (5): 637–648. doi:10.1109/TCOM.1974.1092259. ISSN 1558-0857. https://www.cs.princeton.edu/courses/archive/fall06/cos561/papers/cerf74.pdf. "The authors wish to thank a number of colleagues for helpful comments during early discussions of international network protocols, especially R. Metcalfe, R. Scantlebury, D. Walden, and H. Zimmerman; D. Davies and L. Pouzin who constructively commented on the fragmentation and accounting issues; and S. Crocker who commented on the creation and destruction of associations." 
  14. ^ http://www.eurolinc.eu/
  15. ^ Archived copy”. 2014年2月22日時点のオリジナルよりアーカイブ。2016年12月3日閲覧。
  16. ^ Savoir-faire biographies - http://old.open-root.eu/decouvrir-open-root/biographies/
  17. ^ http://open-root.eu/
  18. ^ "Postel and Pouzin: 1997 SIGCOMM Award Winners", ACM SIGCOMM web site
  19. ^ a b https://www.legifrance.gouv.fr/affichTexte.do?cidTexte=JORFTEXT000037909697&categorieLien=id
  20. ^ 2012 Inductees, Internet Hall of Fame website. Last accessed April 24, 2012
  21. ^ "2013 Winners Announced" Queen Elizabeth Prize for Engineering
  22. ^ "Louis Pouzin" Global IT Award.
  23. ^ Fellow Awards - CHM”. コンピュータ歴史博物館. 2020年4月26日閲覧。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]