ルイス・アントニオ・ガルシア・ナバロ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

ルイス・アントニオ・ガルシア・ナバロ(Luis Antonio García Navarro, 1941年4月30日 - 2001年10月10日[1]は、スペイン指揮者

バレンシア県 チバ英語版生まれ。バレンシア音楽院とマドリード音楽院でオーボエ、ピアノと作曲を学んだ後、ウィーン音楽院ハンス・スワロフスキーカール・エステルライヒャーに師事。1967年のブザンソン国際指揮者コンクールのジュニア部門で優勝。1970年から1974年までバレンシア市管弦楽団、1976年から1978年までポルトガル放送交響楽団の各音楽監督を務めた。1987年からシュトゥットガルト国立歌劇場の音楽監督となったが、1991年にスペインに戻り、バルセロナ市立管弦楽団の首席指揮者となった。1997年からテアトロ・レアルの音楽監督となった。

マドリードにて没。

脚注[編集]

  1. ^ nytimes.com