リル=ジュルダン (ヴィエンヌ県)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
L'Isle-Jourdain
Blason ville fr L'Isle-Jourdain (Vienne).svg
L'Isle-Jourdain - Eglise Saint-Gervais-et-Saint-Protais -2.JPG
行政
フランスの旗 フランス
地域圏 (Région) ヌーヴェル=アキテーヌ地域圏
(département) ヴィエンヌ県Blason département fr Vienne.svg
(arrondissement) モンモリヨン郡
小郡 (canton) リュサック=レ=シャトー小郡
INSEEコード 86112
郵便番号 86150
市長任期 ジャン=ピエール・ムロン
2014年-2020年
自治体間連合 (fr) fr:Communauté de communes du Montmorillonnais
人口動態
人口 1159人
2014年
人口密度 196人/km2
住民の呼称 Lislois, Lisloises ou Islois, Isloises
地理
座標 北緯46度13分59秒 東経0度41分12秒 / 北緯46.2330555556度 東経0.686666666667度 / 46.2330555556; 0.686666666667座標: 北緯46度13分59秒 東経0度41分12秒 / 北緯46.2330555556度 東経0.686666666667度 / 46.2330555556; 0.686666666667
標高 平均:?m
最低:87m
最高:183m
面積 5.92km2
L'Isle-Jourdainの位置(フランス内)
L'Isle-Jourdain
L'Isle-Jourdain
テンプレートを表示

リル=ジュルダンL'Isle-Jourdain)は、フランスヌーヴェル=アキテーヌ地域圏ヴィエンヌ県コミューン

地理[編集]

ヴィエンヌ川谷

ヴィエンヌ川は非常に近くにあり、川の右岸へと町が徐々に伸びていく。高さが約40mある高架橋は、忘れることのできないパノラマを提供する。植物相はこの地方で非常に豊かである。

由来[編集]

コミューンの名は、ラテン語のInsula Jordani、文字通り『ジュルダンの島』からきている。1080年から1120年まで存在したジュルダン領主は、ヴィエンヌ川に浮かぶ小さな島に本拠地を置き、自分の名を残した[1]

歴史[編集]

コミューンには少なくとも4世紀から人が定住していた。

11世紀から12世紀にかけてのジュルダン領主は、橋の通行料を徴収し、岩がちな小島の上に築かれた城に住んでいた[2]

リル=ジュルダンは、フランス革命の進展を歓迎した。革命の象徴である自由の木が植えられた。そこでは、全ての祝祭や革命に関する行事が行われた。しかし、1798年におきた王党派の反乱で自由の木は引き抜かれて燃やされた[3]

1848年、1848年のフランス革命で、フランスに共和制が復活すると、自由の木(もみの木)が植えられた[4]

第二次世界大戦中、リル=ジュルダンは本土での戦闘から遠く離れていた。しかし、空中戦は村の空で行われていた。1943年6月、フォッケウルフ Fw190が空中戦で撃墜され、リル=ジュルダンに墜落した[5]

1940年から1942年、ヴィシー政府のイル・ド・フランス連隊の第72砲兵連隊が、イスーダンとダン・シュル・オロン、リル=ジュルダンに閉じ込められていた[6]

人口統計[編集]

1962年 1968年 1975年 1982年 1990年 1999年 2008年 2014年
1251 1265 1223 1336 1269 1287 1225 1159

参照元:1962年から1999年までは複数コミューンに住所登録をする者の重複分を除いたもの。それ以降は当該コミューンの人口統計によるもの。1999年までEHESS/Cassini[7]、2006年以降INSEE[8][9]

脚注[編集]

  1. ^ Le Patrimoine des communes de la Vienne en 2 tomes – Édition FLOHIC – 2002 – 2-84234-128-7
  2. ^ Michel Laverret, "La démolition de la tour de Calais en Basse-Marche, et sa situation", Bulletin de la Société des antiquaires de l'Ouest (Poitiers), Template:4e, t. 12, 1974, p. 471-478.
  3. ^ Robert Petit, Les Arbres de la liberté à Poitiers et dans la Vienne, Poitiers : Éditions CLEF 89/Fédération des œuvres laïques, 1989, p. 144
  4. ^ Robert Petit, op. cit., p. 216
  5. ^ Christian Richard, 1939-1945 : la guerre aérienne dans la Vienne, Geste éditions, 2005. 348 p. (ISBN 2-84561-203-6), p. 76
  6. ^ Roger Picard, La Vienne dans la guerre 1939/1945 : la vie quotidienne sous l’Occupation, Lyon : Horvath, 1993. 264 pages. 2-7171-0838-6, p. 41
  7. ^ http://cassini.ehess.fr/cassini/fr/html/fiche.php?select_resultat=17497
  8. ^ https://www.insee.fr/fr/statistiques/2534314?geo=COM-86112
  9. ^ http://www.insee.fr