リュッゲ空軍基地

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
リュッゲ空軍基地
Rygge flystasjon
IATA: RYG - ICAO: ENRY
概要
国・地域  ノルウェー
所在地 エストフォル県リッゲ
種類 軍用
運営者 ノルウェー空軍
標高 53 m (174 ft)
座標 北緯59度22分44秒 東経010度47分07秒 / 北緯59.37889度 東経10.78528度 / 59.37889; 10.78528座標: 北緯59度22分44秒 東経010度47分07秒 / 北緯59.37889度 東経10.78528度 / 59.37889; 10.78528
滑走路
方向 ILS 長さ×幅 (m) 表面
12/30 YES 2,442×45 舗装
リスト
空港の一覧
テンプレートを表示

リュッゲ空軍基地ブークモールRygge flystasjon)は、ノルウェー王国エストフォル県リュッゲに所在するノルウェー空軍飛行場。ノルウェー空軍では最大級の航空基地でもあり約600人の人員が基地内で勤務している。

後方支援機能を充実させており航空運用監察官(LOI)、空軍開発センター(LUKS)や郷土防衛隊オスロフィヨルド管区司令部、国防不動産庁や国防兵站機構などの出先機関も設けられている。

歴史[編集]

第720飛行隊がガデモーエン空軍基地から移転する。1989年にUH-1B汎用ヘリコプターからベル 412S汎用ヘリコプターに機種更新される。2002年にF-16戦闘機を装備する第332飛行隊がボードー空軍基地に移転する。

2007年10月1日には民生使用が開始されリュッゲ空港として共用化が進められる。

配置部隊[編集]

脚注[編集]

外部リンク[編集]