リトマス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
7-hydroxyphenoxazone
リトマスの粉末

リトマス: litmus)は、リトマスゴケRoccella 属)などある種の地衣類から得られる紫色染料。複数の化学物質混合物である。CAS登録番号は1393-92-6。主に試験薬として用いられる。

リトマス紙では、酸性アルカリ性が簡単に判定できるため、物事を見極める尺度の比喩表現としても使われる。

概要[編集]

1300年ごろ、スペイン化学者デ・ビラノバスペイン語版[1]が発見した。天然のものは、主にリトマスゴケから得られるが、ほかにも多くの種類から得ることができる。現在は人工的に合成することが多い。

現在は染料としては使われず、酸塩基指示薬として用いられる。pH < 4.5 の酸性では赤、pH > 8.3 のアルカリ性では青く呈色する。

リトマス紙[編集]

リトマス紙

ろ紙にしみこませたものはリトマス紙またはリトマス試験紙と呼ばれる。市販されているリトマス試験紙には、出荷状態で赤色のものと青色のものとがある。これは、製造工程で添加する硫酸の量の違いによる(変色域が酸性に偏っているため、青色のリトマス試験紙にも少量の硫酸が添加されている)。

これらの色の変化により、酸性(青→赤)、アルカリ性(赤→青)、中性(共に変化なし)を判定できる。なお、リトマス試験紙は、本来のリトマスの色より淡い、ピンクと空色である。

リトマス試験紙では変色域が広いため、単に酸性かアルカリ性かを判定することしかできない。このため、よく小学校や中学校の理科の授業で簡便的に液性の判定用に使われるが、酸・アルカリの濃度を求める中和滴定の際に、通常リトマスを用いないのは、このように変色域が広く、中和点を正確に判断できないためである。

酸性 中性(出荷状態) アルカリ性

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 13世紀末のカタルーニャ人の化学者。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]