リッチー・パウエル

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

リッチー・パウエルRichie Powell, *1931年9月5日 – †1956年6月26日 ペンシルベニア州ベッドフォード)はアメリカ合衆国夭逝したジャズピアニスト編曲家。本名はリチャード・パウエル(Richard Powell)。ニューヨークの音楽家の家庭に生まれ、同じくジャズ・ピアニストのバド・パウエルは兄である。ビバップ様式の象徴となった兄ほどには才能には恵まれていないと見る向きも時折りあるものの、リッチー・パウエルも音楽家として一目置かれ、クリフォード・ブラウンマックス・ローチが共同で率いていたグループにメンバーとして加わっていた。

1949年から1951年までニューヨークフィラデルフィアで演奏し、1951年から1952年までポール・ウィリアムズの、1952年から1954年までジョニー・ホッジスの許で活動した。その後はクリフォード・ブラウンマックス・ローチとが率いるクィンテットの一員となっている。リッチー・パウエルの名声は、わけても編曲に負っている。ブラウンとローチとの録音(『アローン・トゥゲザー』や実況録音盤『Brownie Lives!』)に参加したほか、さらにソニー・ロリンズ(『ソニー・ロリンズ・プラス・フォー』)ダイナ・ワシントン(『ダイナ・ワシントン・ウィズ・クリフォード・ブラウン』)ともレコードを作っている。

リッチー・パウエルとブラウンは、シカゴにおける契約のために、夜更けにリッチーの妻ナンシーの運転する自動車に乗っていた。暗い雨の夜道高速道路ペンシルベニア・ターンパイク)を抜ける最中に、ナンシー夫人は運転を誤り、3人とも事故死した。

参考文献[編集]

  • Richard Cook & Brian Morton: The Penguin Guide to Jazz on CD, 6th Edition, London, Penguin, 2002 ISBN 0-14-017949-6.
  • Bielefelder Katalog 1988 & 2002
  • Carlo Bohländer, etc: Reclams Jazzführer. Stuttgart, Reclam, 1991

外部リンク[編集]