リック・ローマン・ウォー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
リック・ローマン・ウォー
Ric Roman Waugh
生年月日 (1968-02-20) 1968年2月20日(54歳)
出生地 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国カリフォルニア州ロサンゼルス
職業 映画監督俳優スタントマン
活動期間 1983 -
配偶者
Tanya Ballinger
(m. 2005)
テンプレートを表示

リック・ローマン・ウォー(Ric Roman Waugh、1968年2月20日 - )は、アメリカ合衆国映画監督脚本家俳優スタントマン。2人の子どもを持つ。『プリズン・サバイブ』(2008)、『オーバードライヴ』(2013)、『ブラッド・スローン』(2017)といった作品で知られている[1][2]。 「エンド・オブ・~」シリーズの3作目となる『エンド・オブ・ステイツ』(2019)を監督した。

経歴[編集]

1980年~1990年代にかけて、スタントマンとして働き、『ユニバーサル・ソルジャー』や『ラスト・オブ・モヒカン』、『ラスト・アクション・ヒーロー』、『ハード・ターゲット』、『クロウ/飛翔伝説』、『60セカンズ』、『リーサル・ウェポン2/炎の約束』、『デイズ・オブ・サンダー』、『ザ・ワン』といった作品に出演した。また、クリスチャン・スレーターミラ・ジョヴォヴィッチ主演の『カフス!』(1992)では一時的に俳優としても働いた。

最初の監督作品は、ジェームズ・カーンマシュー・モディーンキューバ・グッディング・ジュニアが共演する『In the Shadows』(2001)。後にヴァル・キルマー主演の『プリズン・サバイブ』 (2008)を監督した。ドウェイン・ジョンソンとは『オーバードライヴ』(2013)でタッグを組み、2012年にはディザスタームービーの『バーニング・オーシャン』を監督するとされていたが[3]、映画の開発段階で変更された。

2019年、映画「エンド・オブ・~」シリーズの第3作目『エンド・オブ・ステイツ』で監督を務めた[4]

フィルモグラフィー(監督)[編集]

出典[編集]

外部リンク[編集]