リカルド・ラモーテ・デ・グリニョン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
この名前は、スペイン語圏の人名慣習に従っています。第一姓(父方の)はデ・グリニョン第二姓(母方の)はリバスです。

リカルド・ラモーテ・デ・グリニョン・リバスRicard Lamote de Grignon i Ribas1899年9月25日 - 1965年2月5日)はスペイン作曲家

経歴[編集]

バルセロナ出身。作曲家フアン・ラモーテ・デ・グリニョンの子。父から音楽の手ほどきを受けた後、バルセロナのリセウ高等音楽院に入学した。20歳のときバルセロナ交響楽団とリセウ大劇場チェリストとして入った。1930年ジローナの交響楽団の指揮者となり、1932年にはバルセロナ市立バンドの副指揮者となった。

スペイン内戦が発生すると、父とともにバレンシアに逃れた。バレンシアで父が市立オーケストラを組織すると、副指揮者を務めた。1948年にバルセロナに戻ったが、市立バンドのポストはすでになく、作曲と教育に専念した。1957年に市立オーケストラの副指揮者となり、その死まで正指揮者で親友のエドゥアルド・トルドラと協力して仕事をした。

作品には管弦楽曲交響詩室内楽曲、合唱曲、ピアノ曲、そしてサルダナ(カタルーニャ地方の舞曲)などがある。