ラ・プティット=ラン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
La Petite-Raon
Blason La Petite Raon 88.svg
LaPetiteRaon.jpg
行政
フランスの旗 フランス
地域圏 (Région) グラン・テスト地域圏
(département) ヴォージュ県
(arrondissement) サン=ディエ=デ=ヴォージュ郡
小郡 (canton) ラン=レタプ小郡
INSEEコード 88346
郵便番号 88210
市長任期 ジャン・ラボル
2014年 - 2020年
自治体間連合 (fr) fr:Communauté d'agglomération de Saint-Dié-des-Vosges
人口動態
人口 760人
2015年
人口密度 84人/km2
住民の呼称 Raonnais(es)
地理
座標 北緯48度24分26秒 東経6度59分44秒 / 北緯48.4072222222度 東経6.99555555556度 / 48.4072222222; 6.99555555556座標: 北緯48度24分26秒 東経6度59分44秒 / 北緯48.4072222222度 東経6.99555555556度 / 48.4072222222; 6.99555555556
標高 平均:360m
最低:345 m
最高:800m
面積 9.09km2 (2 381ha)
La Petite-Raonの位置(フランス内)
La Petite-Raon
La Petite-Raon
テンプレートを表示

ラ・プティット=ランLa Petite-Raon)は、フランスグラン・テスト地域圏ヴォージュ県コミューン

地理[編集]

メール・アンリ岩から見下ろした村の風景

ラ・プティット=ランは、スノーヌより上流のラボドー渓谷の中の村である。村はラボドー川とラ・ロシェール川との合流地点である。

歴史[編集]

ラ・プティット=ランは、かつてのザルム伯領(fr)の一部であった[1]。伯領は1600年にロレーヌ公国の一部となったが、1751年に成立したザルム=ザルム公国(fr)と統合された。1793年に公国がフランスに併合されると、村はスノーヌ小郡の一部となった。

コミューンは1948年11月11日、クロワ・ド・ゲール勲章を授与された[2]

人口統計[編集]

1962年 1968年 1975年 1982年 1990年 1999年 2005年 2015年
1544 1386 1409 1147 982 913 894 760

参照元:1962年から1999年までは複数コミューンに住所登録をする者の重複分を除いたもの。それ以降は当該コミューンの人口統計によるもの。1999年までEHESS/Cassini[3]、2006年以降INSEE[4][5]

参照[編集]