ラ・コキーユ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
La Coquille

Blason ville fr La Coquille 24.svg
La Coquille (Dordogne fr),church and square.JPG

行政
フランスの旗 フランス
地域圏 (Région) ヌーヴェル=アキテーヌ地域圏
(département) ドルドーニュ県Drapeau fr département Dordogne.svg
(arrondissement) ノントロン郡
小郡 (canton) ティヴィエ小郡
INSEEコード 24133
郵便番号 24450
市長任期 ミシェル・フォール[1]
2014年 - 2020年
自治体間連合 (fr) fr:Communauté de communes des Marches du Périg'Or Limousin Thiviers-Jumilhac
人口動態
人口 1343人
2014年
人口密度 60人/km2
地理
座標 北緯45度32分32秒 東経0度58分35秒 / 北緯45.542222度 東経0.976389度 / 45.542222; 0.976389座標: 北緯45度32分32秒 東経0度58分35秒 / 北緯45.542222度 東経0.976389度 / 45.542222; 0.976389
標高 平均:?m
最低:259m
最高:432m
面積 22.37km2
La Coquilleの位置(フランス内)
La Coquille
La Coquille
公式サイト Site officiel
テンプレートを表示

ラ・コキーユLa Coquilleオック語:La Coquilha[2])は、フランスヌーヴェル=アキテーヌ地域圏ドルドーニュ県コミューン

地理[編集]

ミアレ湖。左岸がラ・コキーユ、右岸がミアレ。コミューンの最も東側にあたる

県北部にあるラ・コキーユは、ペリゴール・ヴェールと呼ばれる地方に含まれる。コミューンをドロンヌ川の支流コール川が流れる。コミューンの西側でコール川はモネリー湖に注ぎ、ミアレ湖の東半分に注ぐ。東側は、イル川の支流ヴァルーズ川で、バルド湖に注ぐ。ラ・コキーユとサン・ピエール・ド・フリュジー、サン・プリエスト・レ・フジェールとの間の4kmにわたる境界がある。

リモージュ-ペリグー間の路線が通り、ラ・コキーユ駅で停車する。

歴史[編集]

サンティアゴ・デ・コンポステーラの巡礼路を構成する5本の巡礼路の1つ、リモージュの道沿いに位置する。この教区において、巡礼者たちに聖ヤコブの帆立貝が与えられていた。したがって、ラ・コキーユ(帆立貝)という名と紋章はこの故事と結びついている。

コミューンの名が正式にラ・コキーユとなったのは1856年で、それまではサント・マリー・ド・フリュジー(Sainte-Marie-de-Frugie)であった[3]

人口統計[編集]

1962年 1968年 1975年 1982年 1990年 1999年 2004年 2014年
1531 1556 1692 1575 1515 1489 1407 1343

参照元:1962年から1999年までは複数コミューンに住所登録をする者の重複分を除いたもの。それ以降は当該コミューンの人口統計によるもの。1999年までEHESS/Cassini[4]、2006年以降INSEE[5][6]

脚注[編集]

  1. ^ Charlie Mazière, Un nouveau maire, Sud Ouest édition Périgueux du 31 mars 2014, p. 24.
  2. ^ Le nom occitan des communes du Périgord sur le site du Conseil général de la Dordogne, consulté le 19 février 2014.
  3. ^ Chantal Tanet et Tristan Hordé, Dictionnaire des noms de lieux du Périgord, p. 118, éditions Fanlac, 2000, 2-86577-215-2
  4. ^ http://cassini.ehess.fr/cassini/fr/html/fiche.php?select_resultat=31510
  5. ^ https://www.insee.fr/fr/statistiques/2534314?geo=COM-24133
  6. ^ http://www.insee.fr