ラブハンバジョ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
ラブハンバジョ

ラブハンバジョ (インドネシア語Labuhanbajo) は、インドネシア東ヌサ・トゥンガラ州フローレス島 (インドネシア)の最西端の港町。ラブアンバジョ(Labuanbajo|とも書く。西マンガライ県の県都。インドネシア語で、バジャウ人(BajoまたはBaja)の港(Labuhan)という意。バジャ人とは、舟で一生を過ごす漂海民のこと。周辺の漁師はバジャウ人の血が流れているといわれている。コモドオオトカゲの生息するコモド島リンチャ島への船が出ており、その中継点となり空港(コモド空港)もある。付近の海には、ジンベイザメが生息し、ダイビングのポイントとなっている。

コモド空港があり、バリ島デンパサールからメルパチ航空が、ビマ経由のプロペラ機で就航している。ほかにもジャカルタビアク島ジャヤプラマカッサルマノクワリマタラム(州都)間に就航している。また、スンバワ島のサパとフェリーで結ばれている。