ラファエル・オロスコ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
この名前は、スペイン語圏の人名慣習に従っています。第一姓(父方の)はオロスコ第二姓(母方の)はフローレスです。

ラファエル・オロスコ・フローレス(Rafael Orozco Flores, 1946年1月24日 – 1996年4月25日[1][2][3][4]は、スペイン出身のピアノ奏者。

コルドバの出身。地元の音楽院の教師だった父親と叔母の下で6歳よりピアノの手ほどきを受けた。その後マドリード音楽院でホセ・クビレス等の薫陶を受けたが、キジアーナ音楽院のグイド・アゴスティのマスター・クラスに参加したり、アレクシス・ワイセンベルクの指導を受けたり、ロンドンでグイド・アゴスティに師事したりした。1966年にリーズ国際ピアノ・コンクールで優勝を果たして演奏活動を行うようになり、ヘルベルト・フォン・カラヤンカルロ・マリア・ジュリーニロリン・マゼールダニエル・バレンボイムリッカルド・ムーティリッカルド・シャイーらと共演して名声を確立していった。1987年には生地であるコルドバより金メダルを贈呈された。

AIDSにより、ローマにて長逝。

脚注[編集]

  1. ^ [1]
  2. ^ [2]
  3. ^ [3]
  4. ^ [4]