アレクシス・ワイセンベルク

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
Alexis Weissenberg, 1947

アレクシス・ジギスムント・ワイセンベルクブルガリア語: Алексис Вайсенберг, 1929年7月26日 - 2012年1月8日)は、ブルガリアソフィア出身のピアニスト。現代の音楽界で巨匠と称される音楽家のひとりである。

経歴[編集]

幼い頃から作曲家のウラディゲロフに作曲とピアノを学び、ピアニストとしてのデビューは14歳の時であった。第二次世界大戦中は収容所に入れられ、苦難の日々を送るが、イスラエルを経てアメリカに逃れる。

その後、1946年ニューヨークジュリアード音楽院に入学。サマロフランドフスカ、そしてシュナーベルの指導を受け、卒業した時には、ワイセンベルクは各国から招かれるほど有名になっていた。1947年レーヴェントリット国際コンクールで優勝、同年にジョージ・セル指揮のニューヨーク・フィルハーモニックと共演してデビュー。

その後、1956年から約10年間、自分の音楽を鍛えなおすとして演奏活動から身を引く。1966年パリでのリサイタルで演奏活動に復帰し、1967年からはカラヤンと共演を重ねる。以降、コンサート、レコーディングを精力的に行い、一流ピアニストとしての地位を不動にした。

1972年、28年ぶりに祖国ブルガリアに帰国。政府からキリル・イ・メソディ賞を授与され、1975年に名誉市民権を与えられた。

2012年1月8日スイス連邦ティチーノ州ルガーノにて長期間の闘病生活の末に死去した[1]。82歳没。

ジャズに関心を持つという一面も持ち、シャルル・トレネの「ブン!」などの歌の編曲や、自作曲『ジャズの形式によるソナタ』などを残している。これらのピアノ曲はマルカンドレ・アムランが録音している[1]

脚注[編集]