ラド

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

rad
記号 rad または rd [注 1]
度量衡 メートル法
非SI単位
SI 0.01 Gy
定義 物質 1 kg あたり放射線エネルギー 0.01 J を与える吸収線量
由来 ネズミを殺すのに必要なX線の吸収線量
語源 radiation または radiation absorbed dose
テンプレートを表示

ラド (rad) は、CGS単位系における吸収線量(吸収した放射線の総量)の非SI単位であり、0.01 グレイ (Gy)である。radは「radiation」または「radiation absorbed dose」の略である。

位置づけ[編集]

ラドは、国際単位系国際文書(2019年版)では、全く言及されていない単位である。日本の計量法においては、法定計量単位となっているが、SI単位であるグレイ (Gy)を使う方がよい[1]。米国のNISTのSP811は、ラド、キュリー(en:curie)、レントゲン(en:roentgen)、レム(en:rem)の使用を避けるように強く("strongly discouraged")呼びかけている[2]

単位記号[編集]

ラドの単位記号は、rad である。しかし角度の単位であるラジアンの単位記号 rad と同一であるので、紛らわしい場合は、rad に替えて rd を使うことができるとされていた[3]

定義[編集]

計量法でも国際単位系 (SI) でも、ラドの定義は、グレイの1/100 である[4]。グレイの定義は、「電離放射線の照射により物質1 kg につき1 J の仕事に相当するエネルギーが与えられるときの吸収線量」[5]であるから、ラドは「電離放射線の照射により物質1キログラム (kg) につき0.01ジュール (J) の仕事に相当するエネルギーが与えられるときの吸収線量」ということになる。

SI(MKS単位系)でもCGS単位系でも半端な係数が現れるのは、ネズミを殺すのに必要なX線の吸収線量として定義されたからである。1918年に S. Russ が定義した。しかし、実際にネズミを殺すには1 rad ではまったく足りない。

日常的に浴びる線量としては量が大きいため、ミリラド (mrad) やマイクロラド (µrad) がよく使われる。

脚注[編集]

[脚注の使い方]

注釈[編集]

  1. ^ 本文を参照。

出典[編集]

  1. ^ 平凡社大百科事典(第15巻:ユエ-ワン)、p.399、「ラド」の項、執筆者は山下幹雄、1985-06-28初版、平凡社
  2. ^ NIST SP811 p.10, Chapter5.2, NIST
  3. ^ SI Brochure(1991) p.80, Table 10 note h
  4. ^ 計量単位令 別表第1、項番58、ラドの項、「グレイの百分の一」
  5. ^ 計量単位令 別表第1、項番58、グレイの項、「電離放射線の照射により物質一キログラムにつき一ジュールの仕事に相当するエネルギーが与えられるときの吸収線量」

関連項目[編集]

放射能に関する単位と量[編集]
単位 記号 定義 導入年 SI単位
放射能 (A) キュリー Ci 3.7×1010 s−1 1953年 3.7×1010 Bq
ベクレル Bq s−1 1974年 SI単位
ラザフォード Rd 106 s−1 1946年 MBq
照射線量 (X) レントゲン R esu / 0.001293 g(空気) 1928年 2.58×10−4 C/kg
フルエンス (Φ) 毎平方メートル m−2 m−2 1962年 SI単位
吸収線量 (D) エルグ erg erg⋅g−1 1950年 10−4 Gy
ラド rad 100 erg·g−1 1953年 10−2 Gy
グレイ Gy J·kg−1 1974年 SI単位
等価線量 (H) レム rem 100 erg·g−1 1971年 10−2 Sv
シーベルト Sv J·kg−1 × WR 1977年 SI単位