ラズグラト

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

座標: 北緯43度43分 東経26度26分 / 北緯43.717度 東経26.433度 / 43.717; 26.433

ラズグラト
Разград
ラズグラトの市章
ラズグラトの市章
ラズグラトの位置(ブルガリア内)
ラズグラト
ラズグラト
ブルガリア内のラズグラトの位置
 ブルガリア
州(オブラスト)ラズグラト州
基礎自治体ラズグラト
自治体全域の人口39.540 人
(2005年7月21日現在)
ナンバープレートРР
標高200 m
標準時EETUTC+2
夏時間EESTUTC+3

ラズグラトブルガリア語Разград、ラテン文字表記:Razgrad)とは、ブルガリア共和国の北東部にある都市で、ラズグラト州州都である。日本語では、ラズグラドラズグラットラズグラード等とも表記される。

概要[編集]

イブラヒム・パシャ・モスク

ラズグラトはベリ・ロム(Бели лом)の丘にあった古代ローマ時代の都市アブリットゥスの跡地に建設された。ブルガリアで最もトルコ人比率の高い町の一つであり、1998年の時点で住民の27%が自身をトルコ人と規定している。

上述した如く、ラズグラトは元々アブリットゥスと呼ばれており、251年にこの地でローマ帝国ゴート族の間で戦闘があり、ローマ皇帝であったデキウスヘレンニウス・エトルスクスが戦死したことで知られる(アブリットゥスの戦い)。

ラズグラトには19世紀以降にランドマークとなる様々な建築物が造られた。博物館や時計塔、ミラのニコラオスから名付けられたミラクル・ワーカー教会などである。また、「イブラヒム・パシャ・モスク」(ブルガリア語:Ибрахим паша джамияトルコ語:İbrahim Paşa Camisi)など、モスクも市内に多く存在している。

オスマン朝の支配時代はヘザルグラド(Hezargrad)と呼ばれた。

姉妹都市[編集]

外部リンク[編集]