ラクチュシン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ラクチュシン
識別情報
CAS登録番号 1891-29-8
PubChem 821383
日化辞番号 J336.202G
KEGG C09489
特性
化学式 C15H16O5
モル質量 276.28 g/mol
外観 白色結晶性固体
特記なき場合、データは常温 (25 °C)・常圧 (100 kPa) におけるものである。

ラクチュシン(Lactucin、ラクツシン)は、白色結晶性固体を形成する苦味物質であり、セスキテルペンラクトン類に分類される。レタスの一部の品種に含まれ、ラクツカリウム英語版の原料の1つとされる。ラクチュシンは鎮痛鎮静作用を示すことが明らかにされている[1]。また、抗マラリア作用を示す[2]。ラクチュシンはたんぽぽコーヒーにも含まれる。

ラクチュシンはアデノシン受容体アゴニストとして働く。

脚注[編集]

  1. ^ Wesołowska A, Nikiforuk A, Michalska K, Kisiel W, Chojnacka-Wójcik E (2006). "Analgesic and Sedative Activities of Lactucin and some Lactucin-Like Guaianolides in Mice". Journal of Ethnopharmacology 107 (2): 254–258. doi:10.1016/j.jep.2006.03.003. PMID 16621374. 
  2. ^ Bischoff TA, Kelley CJ, Karchesy Y, Laurantos M, Nguyen-Dinh P, Arefi AG (2004). "Antimalarial Activity of Lactucin and Lactucopicrin: Sesquiterpene Lactones Isolated from Cichorium intybus L.". Journal of Ethnopharmacology 95 (2–3): 455–457. PMID 15507374. 

関連項目[編集]