アデノシン受容体

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

アデノシン受容体(adenosine receptor)は、アデノシンに対するGタンパク質共役型受容体分子。プリン受容体(表1)の一種として、P1受容体 (P1 receptor)[1]とも呼ばれる。ヒトでは、A1、A2A、A2B、A3の4種類のサブタイプが存在する。

表1. プリン受容体の分類
名称 下位分類 リガンド 作用機構
P1受容体 A1、A2A、A2B、A3受容体 アデノシン Gタンパク質共役型受容体
P2受容体 P2X受容体 P2X1−7受容体 ATP リガンド依存性イオンチャンネル
P2Y受容体 P2Y1, 2, 4, 6, 11−14受容体 ヌクレオチド Gタンパク質共役型受容体

Wikipedia英語版より翻訳、改変。

アデノシンA1受容体[編集]

アデノシンA2A受容体[編集]

アデノシンA2B受容体[編集]

アデノシンA3受容体[編集]

外部リンク[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ Fredholm BB; Abbracchio MP; Burnstock G; Dubyak GR; Harden TK; Jacobson KA; Schwabe U; Williams M (1997). “Towards a revised nomenclature for P1 and P2 receptors”. Trends Pharmacol Sci 18 (3): 79-82. doi:10.1016/S0165-6147(96)01038-3. PMID 9133776.