ラウノ・アルトーネン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ラウノ・アルトーネン
RaunoAaltonenLate1970s.jpg
基本情報
国籍 フィンランドの旗 フィンランド
生年月日 1938年1月7日(76歳)
WRCでの経歴
活動時期 19731987
所属チーム オペル, ダットサン
出走回数 25
優勝回数 0
表彰台回数 6
ステージ勝利数 11
通算獲得ポイント 65
初戦 1973年のモンテカルロラリー
最終戦 1987年のサファリラリー
テンプレートを表示

ラウノ・アウグスト・アルトーネンアールトネンRauno August Aaltonen, 1938年1月7日 - )は、フィンランド人の元ラリードライバー。

1961年1965年に地元フィンランドラリー選手権とヨーロッパラリー選手権でタイトルを獲得し、1966年のバサースト5000w:1966 Gallaher 500)で優勝。ランチアフォード日産で走っている。

モンテカルロでの活躍[編集]

1962年ラリー・モンテカルロでBMCワークスでのミニクーパーを駆るもチュリニ峠でクラッシュするまで総合2位に躍り出る活躍を見せる。63年は3位入賞。後に英国フォードで名監督ぶりを発揮する事となるスチュワート・ターナー、チームメイトティモ・マキネン共に後のクーパーSでは65年、67年とBMCにクーパーMkⅠから数え3度の優勝をもたらす事となる内の1967年に優勝へと導く。65年、66年は2位に入っている[1]

WRC創世記から活動晩期[編集]

1973年WRC創世記時代からはキャリア的にピークは過ぎており、優勝こそないものの、日産、フィアットオペルと渡り歩き1987年までモンテカルロ・ラリーRACサファリ・ラリーアクロポリスとスポット的に起用されることが多かった。

ギャラリー[編集]

参照[編集]

  1. ^ 但し、66年はラリー・モンテカルロ主催者のACMがヘッドライトの規定違反としてこの年はミニ勢を「失格」としている。この事は当時主催者側のスキャンダルとして全世界に知れ渡った。

参考書籍[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]

スポーツのタイトル
先代:
バリー・セトン
ミッジ・ボスワース
バサースト500勝者
1966
ボブ・ホールデンと)
次代:
ハリー・ファース
フレッド・ギブソン