ライオネル・ネイサン・ド・ロスチャイルド

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
イギリスの旗 イギリスの政治家
ライオネル・ネイサン・ド・ロスチャイルド
Lionel Nathan de Rothschild
生年月日 1882年1月25日
出生地 イギリスの旗 イギリスイングランドロンドン
没年月日 (1942-01-28) 1942年1月28日(満60歳没)
死没地 イギリスの旗 イギリス、イングランド、ロンドン
出身校 ケンブリッジ大学トリニティ・カレッジ
所属政党 保守党
称号 大英帝国勲章オフィサー(OBE)
配偶者 マリー・ルイーザ・ユージェニー・ベーア
親族 ライオネル・ド・ロスチャイルド(祖父)
初代ロスチャイルド男爵(伯父)
第2代ロスチャイルド男爵(従兄弟)

イギリスの旗 庶民院議員
選挙区 アリスバーリー選挙区英語版[1]
在任期間 1910年1月15日 - 1923年12月6日[1]
テンプレートを表示

ライオネル・ネイサン・ド・ロスチャイルド英語: Lionel Nathan de Rothschild, OBE1882年1月25日 - 1942年1月28日)は、イギリス銀行家政治家

経歴[編集]

1882年1月25日レオポルド・ド・ロスチャイルドの長男としてロンドンで生まれる。母はマリー・ペルージャ[2][3]。弟にエヴェリンアンソニーがいる。

ハーロー校を経てケンブリッジ大学トリニティ・カレッジを卒業。1908年にマスター・オブ・アーツ英語版の学位を取得した[2]

1903年からN・M・ロスチャイルド&サンズに勤めるようになる[4]1910年から1923年にかけてアリスバーリー選挙区英語版選出の庶民院議員を務める[2][3]。所属政党は保守党だった[4]

1914年の第一次世界大戦時には国防義勇部隊英語版予備役少佐の地位にあった[2]。ライオネル自身は出征を希望していたが、一族から高齢のN・M・ロスチャイルド&サンズ共同経営者たち(父レオポルドと伯父二人)を支えることを期待されたため、イギリス本国に留まることになった。しかし彼の弟二人は最前線で戦ったため(長弟エヴェリンは戦死している)、この時に出征しなかったことはライオネルに生涯の自責の念を与えたという[5]

1915年に伯父ロスチャイルド卿が死去すると、その次男であるチャールズがN・M・ロスチャイルド&サンズの経営を主導するようになったが、チャールズは病気でまもなく退任したため、ライオネルと次弟アンソニーが会社の主導権を握るようになっていった[6]

1917年大英帝国勲章オフィサーを受勲した[3]

1930年代ナチ党政権の誕生によりドイツでユダヤ人迫害が強まった。これを憂慮したライオネルは、本家のヴィクターや弟アンソニーとともに「ドイツユダヤ人のための英国中央基金」や「ドイツユダヤ人のための委員会」などの募金機関を立ち上げ、ドイツ・ユダヤ人の亡命と亡命後の生活の支援を行った[7][8]。とりわけ一世代若いヴィクターがこの救済活動に熱心だった。やや高齢のライオネルとアンソニーの兄弟は、イギリス社会から排除されないためには、まずイギリス人として行動するべきでユダヤ人であることは二の次という考え方が染み付いていたため、運動にかける情熱には温度差もあったものの、兄弟も出来る限り多くのユダヤ人を救おうと奔走したことに疑いはない[9]

1942年1月28日ケンジントン宮殿で死去した[5]。以降、会社の経営は弟アンソニーが主導するようになる[10]

人物[編集]

植物に造詣が深く、サザンプトン郊外にエクスベリー・ガーデン英語版を創設した[11]。その庭園への情熱の注ぎようから「庭園師が本職で銀行業は趣味」とまで評された[12]

またクルージング[要曖昧さ回避]温泉、山歩きも趣味だった[13]

家族[編集]

パリ在住のエドモンド・ビーアの娘マリー・ルイーザ・ユージェニー・ベーア(Marie Louise Eugénie Beer)と結婚し、彼女との間に以下の4子を儲ける[3]

脚注[編集]

[ヘルプ]

出典[編集]

  1. ^ a b UK Parliament. “Mr Lionel de Rothschild” (英語). HANSARD 1803–2005. 2014年5月14日閲覧。
  2. ^ a b c d "Rothschild, Lionel Nathan (RTST900LN)". A Cambridge Alumni Database. University of Cambridge. 
  3. ^ a b c d Lundy, Darryl. “Lionel Nathan de Rothschild” (英語). thepeerage.com. 2013年11月30日閲覧。
  4. ^ a b エドムンド(1999) p.16
  5. ^ a b エドムンド(1999) p.151
  6. ^ クルツ(2007) p.129
  7. ^ エドムンド(1999) p.131-132
  8. ^ クルツ(2007) p.137
  9. ^ クルツ(2007) p.137-138
  10. ^ クルツ(2007) p.138
  11. ^ クルツ(2007) p.129-130
  12. ^ モートン(1975) p.218
  13. ^ エドムンド(1999) p.62-63

参考文献[編集]

外部リンク[編集]

グレートブリテンおよびアイルランド連合王国議会
先代:
ウォルター・ロスチャイルド
アリスバーリー選挙区英語版選出庶民院議員
1910年英語版 - 1923年
次代:
トマス・キーンズ英語版