ヨーゼフ・カール・フォン・プファルツ=ズルツバッハ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
プファルツ=ズルツバッハ公世子ヨーゼフ・カール

ヨーゼフ・カール・フォン・プファルツ=ズルツバッハ(Joseph Karl von Pfalz-Sulzbach, 1694年11月2日 - 1729年7月18日)は、プファルツ=ズルツバッハ公テオドール・オイスタッハとエレオノーレ・マリー・アマーリア・フォン・ヘッセン=ラインフェルス=ローテンブルクの長男。ヨハン・クリスティアンの兄。

プファルツ選帝侯カール3世フィリップには息子がなかったため、1716年にヨーゼフ・カールはカール3世の後継者と決められた。それに伴い、翌1717年にカール3世の娘エリーザベト・アウグステ・ゾフィーと結婚したが、1728年にエリーザベトが死去、自身も後を追うように翌1729年に急死した。

エリーザベトとの間に生まれた息子は全員夭折、娘しか残らなかったため、弟のヨハン・クリスティアンが改めて後継者に選ばれた。後にヨハン・クリスティアンも早世、その息子カール・テオドールがヨーゼフ・カールとエリーザベトの娘エリーザベト・アウグステと結婚、カール3世亡き後のプファルツ選帝侯を継承した。

子女[編集]